スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこといぬ

 12,2012 18:18
 猫と犬、両方飼っている人と、しばらく犬猫談義をしていました。。。

 猫ってこうだよね、犬ってこうだよね、、、と、その違いに
 ついていろいろと話しながら、私は、思っていたことがありました。。。


 学生の頃、10年くらい飼っていた犬が亡くなり、もう、すごいショックで悲しくて、、、

 次の日、普通に学校に行くなんて無理、今日は家で一日その子の
 ことを思って泣いていたい。。。と、そう思っていたのに、
 母に叱られ、無理矢理家を追い出されたことがありました。

 その時私は、「お母さんってひどい~(涙)鬼みたい~~」って
 思ったりもしました。


 結婚式で、両親に宛てて書いた手紙を読んだ時、、、
 父は目をうるませ、必死で涙をこらえていたけど、母は全く
 普通で無表情だったので、、、

 母ってなんてクールな人なんだろう。。。と、その時は思いました。。。



 昨日、犬猫の話をしていた人の旦那さんが、こんなことを言っていたそうです。。。


 「もし、今飼っている犬が死んでしまったら、俺は会社を休んで
  ずっと泣いているかもしれない。。。」

 ・・・って。。。

 彼はそういうこと想像するだけで、もう目をうるませているし^^;
 テレビで動物モノとか見て、悲しいシーンなんて出てきたりすると
 いつも号泣しているのですって。。。

 実際、若いころに飼っていた犬を亡くした時は、しばらく家に
 引きこもって泣き続けていたこともあったらしく。。。


 で、その人は、旦那さんのそんな姿を見るたびに呆れてしまって、
 「全く、なんて弱いのかしら!!」って言ってて(笑いながらだけどね)

 この人がこんなんじゃ、私がしっかりしなくちゃ!
 みんなで倒れるわけにはいかない。。。と。。。

 私はあの人と結婚してから、どんどん強くなったわ。。。と、、、
 そう言っていました。。。


 そうなんだぁ。。。って聞いていたけど、私はちょっと、
 違うことを考えたりしていた。。。


 昔私は、母のこと、無感情の冷たい人だと感じていたことがあったけど、
 占星術を勉強したことによって、そういう「誤解」が解けて、
 いろいろと理解したことがありました。。。

 そしてそうやって理解したことによって、母を「鬼~~~」って
 思わなくなったし、自分自身も楽になりました。。。


 母は太陽星座も月星座も魚座で、その他にも、「水」のエレメントが
 かなり強い人です。。。

 私は、太陽とか月、そしてアセンダントにも「水」はなくて、
 どちらかというと、「火」のエレメントが強いのです。。。


 「水」のエレメントは、占星術では「感情」と関連付けられ、
 「火」のエレメントは、「直感・精神」です。。。


 水エレメントの強い人が「感情」にどっぷり浸かってしまうような
 場面に直面した時、下手をすると、どこまでも延々と浸りすぎてしまって、
 そこから抜け出すのに、とても苦労するのだそうです。。。

 火はね、、、
 自分自身を観察してみると、実は、あんまりそういうことってないんだ。。。

 だから、その浸っていられる場面をどこかで楽しんでいるようなところも
 なきにしもあらずで、、、
 あえてどっぷりとそこに浸り、そしてもうお腹いっぱい、、、となると、
 今までのことが嘘みたいにケロッと立ち直ることが多いのです。。。


 水系の人には、もしかしたらその「ケロッ」というのが信じられないのかも
 しれない。。。

 ・・・なんて、想像したりもしました。。。


 だから水の人達が、ある時無感情のように見えるのは、、、
 感情があふれると歯止めがきかなくなってしまうのを、彼らは
 本能的に察知していて、その防衛のために、そういった場面では
 無意識に強く振舞おうとするのかもしれないと。。。

 そんな風に思ったの。。。


 そして人というものは、自分自身のフィルターをしっかり
 理解しきらないうちは、そこを通してしか世界を見れないから。。。


 だから母は、私が感情の泥沼にはまる前に、早く立ち直れるようにと、、、
 その優しさから、私を家から追い出したのだということを、
 ある時、「真に」理解したんだ。。。


 私が私のフィルターを、そして母のフィルターのことをちゃんと
 理解していない頃は、、、

 「なんでこういう時に、泣かせておいてくれないの~」

 ・・・って映ってしまったのだけど、、、


 理解さえしてしまえば、、、
 結局そこには、、、「愛」しかなかったことに気づいたのです。。。


 まぁ、火の人ってオーバーリアクション気味。。。というか、、、
 水の人にとっては、信じがたいというか、、、
 なんて人騒がせな。。。って映ることも、時にはあるのかもしれませんね。。。^^;


 でも、、、
 私は泣くだけ泣いたら勝手にひとりで立ち直るので、、、
 そういう時は泣かせておいてね、お母さん(笑)



 占星術を勉強して、人の「多様性」というものに対する理解が、
 だんだんと深まっていった時。。。

 ハートの美徳の中になぜ、「理解」が入っていたのかということも、
 なんとなく解ったような気がした。。。



 猫と犬にいろいろと違いがあるように。。。
 人間にはいろんなタイプがいて。。。


 我が家では私と、そして息子、あとは父なんかも、動物モノを見て、
 号泣するタイプですが(爆)

 みんなやっぱり、「火」が強い傾向があるかな。。。


 そんなことを思ったのでその人に、旦那さんの星座を聞いてみたら、
 「射手座」だと言っていたので、思わず笑ってしまった。。。


 そしてね。。。

 「私がしっかりなくちゃ。」って思っているその人は、、、
 「魚座」だったの。。。


 やっぱりね。。。って。。。

 私は心の中で、ついそう思ってしまったよ。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。