スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オマージュ』と『盗作』の違い

 12,2011 19:28
 ビヨンセの新作PVは、ベルギーの振付家ケースマイケルの
 「ローサス・ダンス・ローサス」の盗作なのではないかという
 騒動の中、、、

 「オマージュ」と「盗作」の違いは何なのだ?という議論が、
 一部で出ているのだそうです。

 
 それを読んだ時、、、
 この頃の自分の気持ちとシンクロしました。。。

 ついこの前、ツイッターでつぶやいたことを、
 そのまま転載。


 人は他者との関わりあいの中で生み出されたドラマによって、
 様々なことに気づかせられ、そして自身を成長させていく。
 それなのに、それをすべて自分の手柄だと勘違いして偉そうに
 語っている人を見ると、無性に腹が立ってくるの。


 他者からの影響を受けていない人なんて、絶対にいない。
 そういうことが解ってくれば、もっともっと謙虚になれる
 はずなのにね。

 そして、こんなことでイライラしてしまう自分を未熟だなぁ。。。
 とも思う。

 これは結局、、、自分の中にあるそういう「偉そうに語る」という
 部分が嫌いなのだということなのだよね。



 先人達の残したものを基礎にしてそれを発展させていく。。。
 そうやって人類は進化してきた。。。

 結局、、、
 そういうことなのだと思う。。。

 たとえそこに、「意識的」か「無意識」なのかの違いはあっても。。。
 または、「善意」か「悪意」かの違いはあっても。。。


 ケースマイケルの持つ感性で生みだされた「作品」を、
 もっと世に知らしめたかったある「意思」が、ビヨンセという
 広げる力のある人を使って、多くの人の目に触れさせた。。。

 ・・・ということなのだろうと。。。

 そして、、、
 その元のケースマイケルの作品自体もきっと、様々な先人達や
 外部の影響を受けた上で、生まれている。。。


 変な揉め事を起こして余計なエネルギーを消耗しないコツは
 簡単。。。

 「感謝」と「謙虚さ」の気持ちを持つこと。。。

 そのために必要なものが「理解」。。。


 そういう点で、今回振付家のケースマイケルは、とても
 素敵な対応をされていて、なんだか嬉しかった。。。


 ケースマイケルのコメント 


 私の経路はまず理解、、、
 それがあってからそこに、感謝や謙虚さが生まれる。。。

 でもこれも。。。
 人によって、感謝や謙虚さが先にあって、そこから理解が
 生まれるという経路もあるのかもしれないですね。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。