スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹座の新月の願いごと

 08,2013 20:15
 293736_522905237720780_1946407609_n.jpg


 梅雨も明け、先ほどまでとても綺麗に晴れていたのですが、
 少し前に突然雷が鳴りだし、大粒の雨が勢いよく降ってきました。。。

 今はだいぶ、遠ざかっていったようで、雨も小降りになり、
 雷の音も小さくなってきています。


 今日は、蟹座で新月が起こりました。


 古い日記などを読み返してみて気づいたのですが、私はどうも、、、
 この、「蟹座の新月」の時には、月を気にする傾向があるみたいなのです。

 やっぱり、蟹座のエネルギーに対して私の深いところで
 敏感に反応する何かを持っているのか。。。


 蟹座というのは、「母性」とも深い関わりがあるエネルギーですし、
 先日も書いたように、「女性性」がとても強いイメージもありますしね。


 「母の愛」というものも、、、
 私の中ではかなり重要なテーマのひとつですから。。。


 母親が子供を愛するのと同じような気持ちで他者を愛すること。。。

 そうやって人を愛せたらいいなぁ。。。と、いつも思っていますが、
 でも、そうやって誰かを愛するには、まずは自分自身が、
 愛で満たされていないとね。

 そうでないと、相手から奪うばかりで、与えてあげることは出来ません。


 ・・・とは言っても、自分のことを愛する。。。ということも、
 これもなかなか、難しいことでもありますよね。


 特に、、、
 親との間で何か問題を抱えて育ったような場合、、、
 深いところで、愛に飢えてしまったまま、大人になっていることが多いです。

 そうすると怖くて、、、
 なかなか自分を開けなくなるのです。。。

 愛というものに対して。。。


 本当に、こんな自分を愛していいのか、、、と、自問自答を繰り返して
 しまったりもしてね。


 自分自身が愛に飢えているうちは、、、
 なかなか世界をポジティブには捉えられないものです。。。


 私も。。。
 「奉仕」とか「利他の心」は偽善以外の何ものでもない。。。と。。。
 
 そう思っていた頃、、、そんなひねくれた時代がありました。

 今にして思えば、私自身が、愛に飢えていたのでしょうね。。。


 子供を産んで、、、
 その子供達が、母親である私のことを無条件に愛してくれたおかげで、、、
 ようやく私も、

 「人を真に愛するということは、どういうことなのか。」

 ・・・ということが、、、理解、実感できました。


 そういう気持ち、そういう愛が、、、
 この世界に本当に存在するのだということを学びました。

 そして私自身も、とても幸せでした。
 無理しなくても、自分は人を愛せるんだ。。。ということが、
 とっても嬉しかったのです。


 これについても、どういう方法でそれを学ぶのかは、、、
 人によって様々なのでしょうね。。。


 私の場合は、子供達との出会いでしたが、、、
 例えば自分をひたすら愛してくれる恋人や友人との関係性、
 ハートを開いてくれるようなスピリチュアル的なマスターとの出会い、
 または、可愛らしいペットとのコミュニケーションなどなど。

 方法は何にせよ、やはり誰かに「無条件に愛してもらう」ということ。。。
 「あなたは価値のある存在なのですよ。」ということを、気づかせてくれる人に
 眼の前に存在してもらうこと。。。

 そういうステップって、、、
 成長していくうえでは、必要なのかもしれませんね。


 自分自身の価値に気づいたら、、、
 何かから解き放たれ、何かどこかで許されたような感覚を体験したら。。。


 次は自分自身が、誰かにとってのその役割を果たせる人となるように
 意識的に努力をしたいと。。。

 そう思い始めるのではないでしょうか。。。


 蟹座の新月に私が反応するのは、、、
 自分の中にあるそういった望みと、蟹座のエネルギーが共鳴するから
 なのかもしれませんね。。。


 相手から愛を求めるのではなく、ただ愛を与えることのできる
 人になれますように。


 書いているうちに、すっかり雨もやみ、、、
 また、明るくなってきました。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。