スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stranger In Paradise

 12,2013 01:03
 64559_495637767163083_1776187568_n.jpg


 昨日のベリーのレッスンの時、先生が、「暑くないですか?寒くないですか?」と
 部屋の温度のことを気にしてくださったのだけれども、その時、生徒はみんな
 ニコニコして「大丈夫ですよ^^」と言っていました。

 これは、日本ではよく見る光景。

 あまりに極端に寒かったり暑かったりするのでなければ、多分みんな、
 自分が多少寒くても暑くても、周りにあわせましょ。みたいな、
 そんな気持ちでいるのだと思います。おそらく、ごく自然に。。。

 そして、もし耐えられなくて「寒いです。」っていう時も、、、
 なぜかどこか申し訳なさそうに、「すみません、ちょっと寒いかな。」
 みたいな言い方しますよね。


 そんな私たちの姿を見て先生は、「みなさん、優しいから。」と言っていました。

 彼女は、海外でベリーのレッスンを受けた時に、そこにいる人たちが、
 「暑い」だとか「寒い」だとかでケンカになる姿を見て、驚いたことがあるって、、、
 そんな話をされていましたから、余計、そう感じるようでした。


 確かに、、、
 日本人にはそんな光景はびっくりですし、何も言わないでまわりに合わせることが
 美徳のように感じるところってありますよね。

 それが日本人気質です。


 でも、「一般的」な西洋人の方々にはそれは「美徳」とはあまり映らないようで、、、

 英語の学校に通っていた頃、そこにいたネイティブの先生にとっては、
 日本人のそういうところは、ある意味、美徳どころかマイナスポイントに
 映っていたりもしたようでした。

 「なぜあなたたちは、自分の意見をハッキリ言わないんだ?!
  なんで、黙ってるんだ?!」

 ・・・と、授業を潰して、小一時間お説教されたりしたこともありました。


 先生はもう、「Why?」の連発(笑)
 「なぜ?」と聞いても答えない私たちに、相当イライラしていたみたい。

 私たちが自分の思っていることを何も言わないで黙っていることが、
 先生はイヤでしかたないみたいでした。


 あぁ、もう、いちいちめんどくさいなぁ。。。と、当時の私は思っていました。
 そんなことでもめごとを起こすのは、「めんどくさい」のです。。。

 「これが日本人なのだから、早く慣れてください。」って、、、
 喉元まで出かかりましたけど、さすがに言いませんでした。。。

 やっぱり、、、めんどくさくてね。。。

 あの先生なら、ちゃんと話せば理解しようとしてくれただろうなぁ。。。とは
 思うけど。


 今ならね、先生の気持ちもものすごく解ります。

 夫とケンカして彼が黙ると、私はイライラしましたから。。。

 理解したいから聞いているのに、なぜ答えないで黙るの?ってね(苦笑)
 
 
 だから今は、黙る人の気持ちも、「なんで?」と責める人の気持ちも、、、
 両方経験はしたけれども。。。

 でも、「なぜ?」と問い詰められて黙る人の気持ちというのは、、、
 ただ「めんどくさい」だけではなく、もっと複雑なものもあるようですね。
 (夫や娘談によると)


 そういう、文化による考え方の違いというものは本当にたくさんあって、、、
 その「違い」というものをちゃんと理解しないと、そこで私たちは、
 「判断」してしまうんですね。。。


 いつだったか、ダライ・ラマの講演を聴きに行った時、彼が定刻に
 1時間くらい遅れてきた時は、実は少しびっくりしていました。

 法皇ともあろう人がこんなに遅刻して人を待たせるの???って。

 でもその時、これも日本人ゆえの考え方なのだなぁ。。。と、思ってね。
 また自分の、ジェネティックマインドに支配されている部分を
 発見してしまったのでした。

 こんなに時間に几帳面に正確なのって、日本人の特徴だものね。


 日本に滞在して長い外国人たちは、日本人というものを徐々に理解しはじめて、
 その「Why?」が少しづつなくなっていくようです。

 そして、ずっと「Why?」が消えない人は、そのうち、国に帰っていく。。。

 逆に、日本人というものを理解し始めると、もう、日本が大好きになってしまって、
 離れられなくなってしまう人もいて。。。


 どっちが良い悪いではなく、どっちもありです。。。


 いろんな人がいます。。。本当に。。。


 同じように、日本人の中にも、海外になじんで、ずっと住める人もいれば、
 ホームシックになって、日本に帰ってきてしまう人もいるでしょうし。


 だから、自分自身をよく知ることが大事だし、わざわざ自分に合わない
 大変なところで、修行する必要もないですしね。


 ・・・と言っても、本来自分のいるべき場所、、、というのは、
 魂が知っているのでしょうから、、、

 エゴが透明になって、魂とシンクロするようになれば。。。

 きっと無駄のない、ものすごく楽な人生を送れるようになるのでしょうね。


 文化や考え方の違いというものは、何も国単位ではなく、同じ国の中でさえ、
 地方によって全く違ったりしますし、もっと小さく見てみれば、それは、
 家族単位でもあったりしますよね。。。

 結婚なんてすると、相手の家の考え方や常識が、自分の育った家とは
 全く違っていて、それで夫婦間で衝突が起きたりすることは日常茶飯事。。。

 でも、その衝突の原因というのはたいがいにして、、、

 「あなたのやり方はおかしい。」

 ・・・と、判断してしまうことから始まるのです。


 ふ~ん、そういうものなのかぁ。。。と、あっさり流してしまえれば楽だし、、、
 どうでもいい相手になら、それをするのは簡単。。。

 でも、親密に付き合いたい大好きな人や仲間内になればなるほど、その
 「流す」ということが、逆になかなか難しくなったりもして。。。


 だからやっぱり、、、「理解」。。。

 やっぱり、これなのだよなぁ。。。って思います。


 相手と本当に理解しあえた時、通じ合えた時の合図は、、、
 ハートが開いて、感動で、泣きたくなるような感じがすること。

 そこに、心地よいエネルギーが流れるの。。。

 あの一瞬は、、、本当に幸せです。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。