スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野の物部守屋神社

 24,2013 01:20
 昨日は、夫と二人で長野県までドライブに行ってきました。

 目的は、守屋山にある「物部守屋神社」で、今回で三度目の
 訪問となりました。


 DSC_0408.jpg


 実は、物部守屋というのは、夫の家のご先祖さまです。
 ちなみに、私の生まれた家のご先祖は藤原氏系だそうですので、
 何の因果なのか?私は、知らないうちに物部氏系の人と
 結婚していたみたいです。

 ・・・とは言っても、それはそれ。。。ということで、
 今の私たちは今の私たちなのですけれどもね(笑)


 夫も私も、若い頃は、自分の家系なんて全く気にしていませんでした。

 親や親戚から、自分の先祖のことについて聞かされても、
 「へぇ~、そうなんだ。」くらいで、ほとんど真面目に聞いて
 いませんでしたし、それは夫も同じで、彼もそういったことには
 ほとんど関心がなかったみたい。

 でも男の人って、歳をとるとそういうことに興味を持つように
 なる人って多くないですか?

 ある時から彼は、自分のルーツについて、興味を持って
 いろいろと調べたりするようになりました。

 私は今も、そんなに興味ないのだけど^^;


 そんな彼がある時、「諏訪大社に行きたい。」と言いだして、、、
 私たちは子供達も一緒に、家族みんなで、長野にドライブに
 行くことにしたのです。

 その時、カーナビの目的地を諏訪大社にセットして、ナビの案内のままに
 車を走らせていたら連れて行かれたのがこの、物部守屋神社でした。

 「目的地に着きました。案内を終了します。」

 ・・・と、突然、山の中で案内が終わってしまって、こんな山奥のどこに
 諏訪大社があるの?とキョロキョロしていたら、その時目の前にあったのが
 この、守屋神社だったのです。

 神社入り口の鳥居のところにあった、「物部守屋」という字が目に留まり、、、
 え?ご先祖様?ってことになり。。。


 DSC_0402.jpg


 それで、「え?なんで?なんで?」ってみんなでちょっと混乱したのだけれども、
 これも何かのご縁かと思い、その神社に入ってみることにしたのでした。


 そうしたら、、、
 その時はもう、大変でした。。。

 夫は少ししか感じなかったみたいだけれども、子供達と私は、そこに入ったら
 なんだかグルングルンしてしまって、クラクラして立っていられないくらいでした。

 カリフォルニアのサンタクルーズ山にある、ミステリースポットに入った時の
 感覚を思い出してね。。。
 あそこまですごくはなかったけれども、それと似たような感じがして、、、
 きっと、ここは磁場がおかしいのだろうなぁ。。。なんて思ったのでした。

 息子はそこで、ひどい頭痛が起こってしまって山を出ても気分がずっと悪そうで、、、
 結局その日は、一泊する予定をキャンセルして、家に帰る羽目になりました。

 それが、一度目の時。。。


 そんな奇妙な体験をしたので、家に帰って早速ネットで調べてみたのですが、
 当時は、そこに関するサイトが少なくて、、、
 その時見つけたのが、このサイト。。。


 物部守屋を祀る物部守屋神社


 でもここに、磁場がおかしいとかそんなことは書いていないしね。。。
 うーーーん。。。と頭をかしげながら、何が何だか解らないままだったのですが、
 でも、「物部守屋」が気になるし、あの時の感覚が忘れられなくて。。。

 なのでそれから数年後、私たちはまた、守屋神社に行ってみることにしたのでした。


 その時は、とっても良いお天気だったのですが、私たちの車が守屋山に
 入った途端、雲行きが怪しくなってきて、そして遠くのほうで雷が
 ゴロゴロとなり始めました。。。

 子供達は、一緒にきたものの、神社の中には絶対に入りたくないと言って
 きかないので、夫と私だけで中に入ることにしました。

 神社に入るとすぐに、とても細かい霧雨が降りはじめたのですが、
 傘をさすほどではなかったので、まぁ、大丈夫だよね。。。と、
 私たちはそのまま、奥に進んで行きました。。。


 DSC_0358.jpg


 以前来た時のような、地場の乱れみたいな変な感覚は、その時は
 感じませんでした。

 でも霧雨でとても薄暗く、そして遠くのほうで時折雷がゴロゴロとなり、、、
 という、もうムード満点の中での、その神社の訪問は、、、すごく怖かった(涙)
 おまけにその時、自分の足元にハクビシンが一匹、亡くなっているのを
 見つけて、すごいびっくりしたりとか。。。

 これって一体、何のメッセージなのかしら。。。とね。。。
 つい、考えてしまいましたよ。。。

 そんな感じで、とっても心細くて、怖かったのだけれども、、、
 でもその怖さって、、、なんというか、、、同時に心地よいのです。。。

 周りは木々に囲まれた大自然だし、神社の隣には小川が流れていて、
 そのせせらぎの音が聞こえてくるしで、、、


 DSC_0379.jpg


 DSC_0418.jpg


 何か、偉大なものに対する、、、
 何とも言えない、畏敬の念がこみあげてくるのですよ。。。


 DSC_0378.jpg


 そんな怖さを感じながらも、せっかくここまで来たのだからと、
 一番奥まで入っていき、そして、深く深呼吸してから神社を
 出ることにしたのですが。。。

 私たちが神社の鳥居をくぐり、そこに止めてあった車に戻ると、
 車はびしょびしょで、ずぶぬれ状態なのです。

 中で待っていた子供達に聞くと、私たちが神社に入った途端に、
 ものすごいどしゃ降りになったのだそうです。

 だから、ママ達は大丈夫なのかな?と思っていたらしいのですが、
 神社の中は、霧雨しか降っていなかったし、傘もいらなかったし。。。

 そんなどしゃ降りだったなんて、私たちは全く気づかなかったの。。。

 しかも、、、
 私たちが車を発進させ、神社を出発した直後に、、、
 いきなり雲が晴れて、またとっても良いお天気に戻ったのです。。。

 なんか、不思議。。。と。。。
 その時もまた、思ったのでした。


 そんな感じで、不思議続きだった「物部守屋神社」訪問。。。

 やはり、気になってしまってね。。。
 このお彼岸にまた、夫と二人で行ってきました。。。

 子供達は今回は忙しくて来れなかったし、もし暇だったとしても、
 あそこはもう行きたくない。。。と言っていました(苦笑)


 今回は、最初から最後まで良いお天気で。。。
 神社の中に入っても、特に変なことも起きずに。。。

 ゆっくりのんびりと、その中を散策してくることが出来ました。。。

 でも、、、
 鳥居をくぐった時に、「ただいま」なんて無意識に言っていた自分に
 ちょっと苦笑いでしたけど(笑)

 
 そして、特別に何か起こったりしなくても、あの場所の空気は
 なんとなく、自分に合う感じがして、とても心地よかったです。


 物部守屋神社は、、、
 私たち夫婦にとっては、ちょっと特別な思いがあるところかな。。。


 きっとこれからも、ふと思い立っては行きたくなってしまう、、、
 ということが、何度もあったりするのだろうなぁ。。。という気がします。 


 これは、神社の階段に落ちていた鳥の羽。。。
 お守りにしようと思います。


 DSC_0413.jpg

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。