スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

O型でごめんね

 16,2013 18:41
 Painting by Else Krogh-Hansen
  Painting by Else Krogh-Hansen


 関東では、大きな台風が通り過ぎていきましたね。。。

 近所の川が氾濫して、車が一台、そこにはまってしまっていました。
 水はまだ、引いていないみたいです。。。

 
 それで駅までの道が寸断されてしまい、、、
 仕方ないので今日は、ダンスのレッスンをお休みしました。


 娘は会社に電話したら、「全然無理しなくていいよ~」と、明るい
 お返事が返ってきて、それから少ししたら、上司の方から、
 「今日はお休みでいいよ。」という連絡が入ったようです。

 なんだか、、、いい職場。。。


 
 昨日の歌のレッスンの時に、先生から『鏡天花』の楽譜をいただきました。


 DSC_0446.jpg


 すごいよねぇ。。。

 音を聴いて耳コピで譜面に起こしただけでも、私にとってはもう
 すごいことなのですけれども、この楽譜の綺麗さ。。。

 思わず先生に、、、

 「先生って、A型ですか?」

 なんて聞いちゃった(笑)


 AB型だそうです。


 やっぱり、O型じゃないんだ。。。って思ってしまいました(笑)

 O型の私は、、、
 定規とかは使わないもの^^;


 でも。。。
 A型の母親に育てられたせいか、私の場合はまだ、どこかに
 A型的な几帳面さというか、神経質さみたいなものを、少しは持ってる。。。


 O型同士の夫婦に育てられた子供達を見ていると、、、
 
 いいのか?これで。。。って思ってしまうくらい、なんというか。。。
 おおらか?(笑)

 羨ましいくらいに。。。


 ベリーダンスで知り合った韓国人のお友達が前に言っていましたが、、、
 血液型を気にするのって、日本人だけなのですってね。


 血液型もたしかに、ありだなぁ。。。と思う場面たくさんありますが。。。

 でも、占星術をちゃんと勉強してみたら、、、
 やっぱり、占星術が一番その人のことよく解るって思いました。。。

 でも。。。

 占星術はもうやめちゃいました。。。


 占星術って、、、
 自分の「思い癖」を知るのには、とっても役に立ちました。。。

 そして、自分と他人とは、物の見方、感じ方が違うんだ。。。
 ということを、「本当に」理解することにも役に立ちました。


 だからもう、、、
 それで充分かな。


 占星術の知識が増えるごとに、、、
 最初から「この人はこういう星座だから、(またはこういう血液型だから)」と、
 そういう目で見てしまうようになってしまうのがイヤだったの。。。

 そう思い込めば思い込むほど、、、
 だんだんと、そんな風にしか見えなくなっていってしまうから。。。

 そうやってどんどん、、、
 他人を、、、他人だけでなく自分自身のことまで「枠」の中に
 はめていってしまうようでね。。。


 以前読んだ本に、こんなことが書いてありました。

 ダイアナ元妃の出生ホロスコープが発表されて、多くの占星術師がそれを
 元にして彼女の人生を見ていったところ、、、

 「あぁ、この星がこうだから、やっぱりここで結婚して、ここで亡くなって。。。」

 ・・・と、納得していたのですって。

 でもそれからしばらくたった頃、「あの出生時間は間違っていた。」ということで、
 訂正されたホロスコープが発表されたのだそうです。

 以前とは星の並びが違うそちらのホロスコープを見ても、、、
 彼女の辿った人生が、「納得」出来てしまうんだって。。。


 それって、、、どういうこと?って思いません?


 このお話を、占いが得意なある人に話してみたの。。。
 
 そうしたら彼は、言っていました。


 「あぁ、そういうことってよくあるんですよ。」


 ・・・と。


 結局、、、

 ホロスコープって、その人の感性次第で、どうとでも読めてしまえるような
 気がします。。。


 また、、、
 権威ある人とか、知識のある人などに、「あなたはこういう星を持っているから、
 こういうところがあるんです。」と言われてしまうと、、、

 人は、、、

 「あぁ、なんとなくそうかも。。。」

 ・・・と。。。


 そんな風に思い込んでしまいがちなところがあるような気がしてね。。。


 だから、ちょっとしたゲーム感覚でやるのは楽しいけれども。。。
 占星術に、自分の人生を振り回されたくはないなぁ。。。って思います。
 



 昔、、、
 先日の日記で書いたGrass Valleyなどのライヴにいつも一緒に
 通っていたA型の親友が。。。

 「これ、Lyricaの歌だよ。」って。。。
 一本のカセットテープをくれました。


 それはFair Childのアルバムでね、『O型でごめんね』って歌を
 お願いだから聴いてみてって、、、爆笑しながら。。。


 確かに、、、
 我ながら思い当るところが。。。って思ったけど(笑)


 でもそうやって人は、、、
 人生の中でどんどん、自分というものを「定義」していっているのかも。。。


 なんて思ったりする今日この頃です。。。

 
 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。