スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRASS VALLEY

 05,2007 14:44
 ここでも何度も書いてきた私の青春の思い出、歌手の中川勝彦さん(中川翔子ちゃんの
 お父様)は、活動の後半、ギタリストのcharと組んでツアーをまわったりしていた
 時期があったのですが、そのあたりからちょっと崩れてきてしまったように
 私は感じていました。。。

 崩れたと言っても彼本人にとっては、何かから解放されたみたいにも見えましたが、
 同時にかなり乱れていたようにも見えました。。。

 彼の死後、随分経ってから、当時何があったのかを知ることになり、
 とても納得してしまいましたが。。。

 
 勝彦さんが乱れていた頃、彼のお話を聞くたびに、なんとなく痛々しさのようなものを
 感じていたし、ライヴ中にこちらが唖然。。。としてしまうような態度をとるように
 なった彼に対して、まだ高校生だった私は耐えられず、なんとなく離れていくように
 なりました。。。

 その後、彼は発病して、そして随分と改めて、本来の彼を取り戻してはいたのですが、
 いろいろと受けた仕打ちの数々から、どうしても私の中のひっかかりがとれず。。。

 今思うと、なんとなく。。。ごめんね。。。って感じもします。。。

 
 勝彦さんからだんだん離れるようになった頃、入れ替わるようによくライヴ通い
 していたのは、GRASS VALLEYというバンドでした。。。


 このバンドは、当時たしか「和製ジャパン」とか呼ばれていたような気が。。。
 解散後、ヴォーカルの出口雅之さんは、REVと名乗ってよくテレビに出ていたり
 しましたね。。。

 今もそれぞれ細々と活動されているみたいで、出口さんのライヴはつい最近も
 行ったりしました。。。ディナーショーなんかも(爆)

 当時とは、音楽の路線もだいぶ変わってきていたけれど、でも、生きているから
 こうしてまたライヴで会えるのだなぁ。。。なんて思ったりもしました。。。

 
 グラスバレーは「草原の谷」という意味ですが、当時その名前の由来を聞かれたとき、
 出口さんはこう言ってました。。。

 
 「人は、心のどこかに草原を持っている。。。」

 
 なんだか、すごく納得した記憶があります。。。

 彼はたしか、シャガールの絵が好きだったり、テレビをコレクションしていたり。。。
 なかなか味のあるお方でした。。。

 最近は、忠臣蔵にはまったとかおっしゃていましたね(笑)
 最近と言っても、2,3年前かな。。。

 
 それと、忘れられないのは「畳一畳ダンス」。。。

 グラスバレーと当時同じ事務所にいたのがレベッカやプリンセスプリンセス
 だったのですが、プリプリの元ヴォーカルの奥井香さん(今は、岸谷香さんですね)が
 言ってました。。。

 
 「レベッカのノッコさんは踊りまくるから、ライヴには12畳くらいの広さが
  必要でしょう。。。私もバタバタと動くから8畳くらいは必要かな?
  でも、出口くんのステージは畳1畳で十分だね!」

 
 これを聞いた時、思わず爆笑でした。。。

 確かにデビュー当初の出口さん、全然動かなかったです(笑)
 そのうちびっくりするくらい動くようになりましたが。。。

 
 グラスバレーの音楽は、今聴いてもいい感じです。。。

 「星の棲む川」「MOON VOICE」「イデア」「トゥルース」「虹のある街」。。。

 タイトルだけでも、ちょっとうっとり。。。

 ほとんど廃盤になってしまっているけれど、「STYLE」とか「LOGOS~行~」とか、
 聴きやすいです。。。

 デビュー当時はもっと重厚な感じで、それもまたよかったのだけれど。。。

 出口さんの声や歌い方は、ねっとりとした感じなので、好き嫌いはかなり分かれそうですが、
 私は大好きです!

 音楽的なレベルは。。。なんでもこのバンドのメンバーは、コンテストのそれぞれの
 楽器部門での優勝者を集めたと聞いたことがありましたが、なるほど。。。
 という感じもしたりして。。。

 また、ライヴに行きたくなってきました。。。

 グラスバレー復活!なんてあったらいいなぁ。。。


 

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。