スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レムリアの真実

 27,2007 15:45
 
レムリアの真実―シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージレムリアの真実―シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ
(2007/04)
オレリア・ルイーズ ジョーンズ

商品詳細を見る



 紀元前450万年に、大天使ミカエルが、父なる/母なる
 神から祝福を受けて、ミカエルに属する青い炎の天使の
 軍団と、光の領域から多くの存在を引き連れてやって来て、
 レムリア人種となる予定の最初の魂たちをエスコート
 しました。

 その到着先はロイヤル・ティトン・リトリートで、現在の
 ワイオミング州のジャクソンに近い、グランドティトン
 国立公園として知られているところです。

 この惑星に生まれてきたこの新しい魂たちは、もとは
 ダールという宇宙のムー大陸出身です。

 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 人びとと一緒に残って、最後まで歌うことを選んだ
 聖職者たちの行為や犠牲によって、多くの恐怖は
 和らげられて、調和のレベルがある程度まで保たれ
 ました。こうして、滅亡した魂への損傷やトラウマは
 大幅に軽減されました。

 音楽家たちとともに、聖職者たちは波や水が口に
 入るまで歌って祈り続けたと伝えられています。
 聖職者たちが亡くなったのも、そのときです。

 その夜のうちに、大衆が眠っている間に、星の多い
 蒼い空の下で、すべてが終わりました。

 最愛の母なる国は太平洋の波の下に隠れてしまい
 ました。自分の持ち場を離れた聖職者は誰も
 いませんでした。恐れを口にするものは誰もいません
 でした。

 レムリアは厳然と沈んだのです。。。

 「蛍の光」は、レムリアの地で歌われた最後の
 歌でした。。。


 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


 一夜にして沈んだレムリア大陸。。。
 まるで、船が沈むようにゆっくりと。。。

 大陸が沈む時に、神官や巫女達が歌っていた
 「蛍の光」は、この地上で、アイルランドの人々に
 歌い継がれてきたのだそうです。。。

 レムリアが沈むお話を読みながら、私は映画の
 タイタニックを思い出してしまいました。。。

 あの時も、音楽家達は、船が沈むまで演奏を
 続けたそうですね。
 そして、船長は自分の持ち場を離れる事はしなかった。。。

 あの映画がこの本の著者に影響を与えたのか。。。 
 それとも。。。
 私達人類のDNAの中の記憶。。。を
 あの映画にダブらせて、少し垣間見たりしたのかな。。。
 
 実際のタイタニック号の沈没は。。。
 何かのメッセージだったとか。。。?

 生き残ったレムリア人達は、シャスタ山に。。。
 5次元の領域に今も生きているそうです。。。

 マスターであるツインフレーム(ツインソウル)の
 王と王妃。。。
 そして12人のマスター達による評議会。。。

 レムリアにある図書館には。。。
 クリスタルに記録された、地球の歴史が納められて
 いるのだそうです。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。