スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金縛り中に出会った人

 11,2006 15:39
 先日お友達から飲みに行こう~と誘われ、久しぶりに会ってきました。

 彼女は娘が幼稚園の頃に知り合ったママ友達です。
 ママ同士の世界はけっこうシビアですが(苦笑)彼女とは不思議と
 学生時代の友達のように、なんでも話せたりします。。

 さすがにスピリチュアル系不思議体験談とかは出来ませんでしたが、
 幽霊体験談くらいは話したりしていました。

 
 その彼女が先日会った時、「どう?最近また何か見た?」なんて聞いてくるので、
 実は最近新たに変なものが見えるようになったんだ。。と言いました。

 退かれるかしら?と思いながらもオーラが見えるようになった事を話すと
 彼女は目をキラキラさせながら「えっ!!私も!!」なんて言うのです。

 そしてしばらく二人でオーラを確認しあいながら(まわりからみたらさぞ
 怪しい光景だったと思います。。)そのあと彼女は「実はね、私は体脱が
 出きるようになったの♪」なんて突然言い出したのです。。

 だいたい、「体脱」なんて言葉を使う事自体、「通だ。。」なんて
 思ってしまった私。。

 今までこういった話題は普段は出来ない。。なんて思っていたのに、
 こんな身近にこんな人がいたなんて。。ととってもびっくりしました。

 どうやら彼女はある日をきっかけに不思議な能力が開花してしまったみたいで、
 今では好きな時に体脱出きる。。なんて言っていました。

 
 最近ではロバート・モンローのヘミシンクなどで随分メジャーになった体外離脱。。。

 事故などのショックで体脱してしまうのとは違って、自分で意識的に
 体脱するというのは、このヘミシンクに限らず、例えばチベット密教などでは
 「ニアデス(仮想的な死または臨死)」という表現を使って、昔から
 行われていたようです。

 やり方としては長時間独自のマントラを唱えて変性意識状態になり、
 その状態で色のイメージング法を使いアストラルボディを強化するそうです。

 アストラルボディが活性化されると肉体を離れ、それ自体で活動が
 可能になるそうです。。

 
 体外離脱して見る世界は、自分の部屋とかご近所、旅行で行った場所、
 外国、はたまた宇宙や神の世界などなど様々な世界に行けるそうですが、
 意識界というものはどうやらその本人の意識がかなり強く影響するようで、
 その人の心を映し出す鏡のような世界みたいですね。。

 なので、私の個人的な意見としては、あまり先入観を持たずに行きたい!
 見てみたい!と思う世界をイメージするといいんじゃないのかなぁ。。
 なんて思っています。

 
 夢を見ていると自覚できていて、その夢の中で自由に行動できる明晰夢は、
 レベルを落とした体脱だそうです。

 言われてみればそんな感じですよね。。

 夢は、意識が違う次元に行くこと。。
 私は夢でそう教えられたので、夢自体ある意味体脱なのかも。。
 なんて思ってしまいます。

 子供の頃よくどこかから飛び降りたり、穴に落ちたりする夢を見ると
 ガクッとなって目が覚めることありましたよね。。

 背が伸びているんだよ。。なんて聞かされていましたが、もしかすると
 意識体が肉体に戻る時の衝撃だったのかも??なんて。。

 
 あと、金縛りも体脱一歩手前なんだそうですね。金縛りは細胞の波動が
 とっても高まった時(気のエネルギーが上昇した時)に起こるそうなので、
 金縛りにあったら体脱のチャンス!!と思うといいそうです。。

 
 でも。。金縛り経験なら非常にたくさんありますが。。
 あんまり気持ちのいいものではないです。。

 体脱の一歩手前と聞いてからは怖い。。と思うことはなくなりましたが、
 それ以前は怖くてガチガチでした。。。

 耳が割れるような大きい耳鳴りがしたり、鏡に女の人の顔がドアップで
 写っていたり、あと足元に座っていた女の子が移動してきて、寝ている
 私の顔の上で髪の毛をとかしていたり。。


 いろいろありますが、一番印象深いのはこんなのです。。

 
 下の子がまだお腹にいた頃、つわりの期間中私は実家で過ごしていました。

 週末に夫もやってきて、その日は上の子はおじいちゃんおばあちゃんと一緒に
 上で寝て、下の和室で私達は寝ていました。

 夜中にふと目が覚めるとまた金縛り。。

 和室の隣はリビングで、こちらとはふすまでしきられているのですが、
 たまたま暑かったので少し開けていました。

 なんだか気配がして横目で見ると、リビングに女の人と男の子が立っていました。

 女の人は一昔前のワンピースに帽子をかぶっていて顔はよく見えませんでした。
 男の子も半袖半ズボン、そして野球帽をかぶっていました。

 私が「ひえ~~~」と思っていると、その女の人は男の子に
 「あの女の人の所に行きなさい。」と言いました。

 …といっても実際に言葉で言っていたわけではないのですが、そう感じました。

 男の子はうなずくと私のほうに向かってきました。
 ただそこにイスがおいてあったので男の子はなかなかそれを乗り越えられずに
 いました。

 私は「お願い!!来ないで。。」と必死に隣で眠っている夫を
 起こそうとしましたが、なにせ金縛り中(泣)

 男の子がイスを乗り越えこちらの部屋に入って来た時、発狂寸前(爆)の私は
 自分の悲鳴とともに、金縛りを解きました。。と同時に男の子も女性も消えていました。。

 
 そのあと急に「次に生まれてくるのは男の子だ。。」と確信してしまいました。。

 そしてあの女の人がなんとなく悲しそうだったのがとても気になり、
 今でも思い出す度になんとも言えない気持ちになります。

 次に生まれたのは男の子。。これは半分の確率なのでなんとも言えませんが。。

 彼は「ねんねんころりよ~」の子守唄や悲しげな曲を聴くと生まれたての
 赤ちゃんの頃から大泣きしたので、ますます何かあったの??
 なんて勘ぐってしまったりして(苦笑)

 
 今だによくわからない不思議体験でしたが、こんな経験もしていたりします。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。