スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦島伝説と青森の海底遺跡

 22,2007 14:20
 普段ほとんどテレビを観ない私ですが。。。
 今日、夕食が終ってめずらしくリビングで父の観ている
 テレビを一緒に観ていたら、「みのもんたの日本歴史
 ミステリー」という番組をやっていました。。。

 日ユ同祖論のことをやっていたのだけれど。。。
 なんだか、ものすご~くタイムリーだなぁ。。。って。


 この前の日曜日、カバラのお勉強に行ったら、近くで
 ちょうどお祭りをやっていて、お神輿が出ていました。。。
 それで、主人と、お神輿ってアークだって言われてるよね。。。
 なんて話していたのだけれど、今日、テレビでも同じこと
 言ってました。。。

 カバラのお教室には、メノラーというロウソク立てみたいな
 ものがあるのですが。。。
 これって、生命の木を表しているそうなんです。。。
 日本の神社でも、それと似たようなものがあるんですよ。。。
 なんて、先生がおっしゃってたけど。。。
 それも、テレビでやってました。。。(笑)
 イスラエルのシンボルなんだそうですね。。。

 それにしても。。。
 こういうお話を、普通にテレビでやってしまう時代に
 なったんだぁ。。。と、妙なところで感心してしまいました。。。


 その次にやっていたのが。。。
 青森県の日本海側の海底にある遺跡のお話。。。

 なんでも、それはもしかすると竜宮城なのでは??
 なんて。。。

 しかも。。。キーワードは「亀」なんだそうで。。。
 青森には、亀と名のつく場所が多いとか??

 亀は、私にとってものすごく重要なキーワードなので、
 テレビで「亀」!!なんて強調された時は、ちょっと
 ドキッとしました。。。
 その前のヘブライのお話ですでに、今、このテレビ観てるのって
 なんかありそう。。。と感じていた矢先だったので。。。

 日本神話とか万葉集でも、浦島太郎のお話は出てくるそうですね。。。
 日本各地に、浦島伝説は残っているそうだけれど、その
 中で一番古いのは、京都だそうで。。。

 途中、バタバタしてしまってきちんと観られなかったの
 だけれど、その京都あたりから小船に乗って、潮の流れに
 任せて行くと、7日後に、ちょうどその青森の海底遺跡の
 ある場所あたりにたどり着くとか?

 7日というのは、確か神話に出てくる、浦島太郎が亀の背に
 乗ってから、竜宮城にたどり着くまでの日数だったかな?
 (間違ってたら、すみません^^;)

 海底遺跡のことは、まだまだ謎だらけで。。。
 これから本格的に調査を進めていくそうだけれど、
 楽しみですね^^


 青森というのは、個人的に、とっても気になる場所
 だったりするのです。。。
 いろいろとご縁もあるし。。。

 夢のキーワード。。。亀とアレフ。。。
 亀と青森が繋がって、アレフとヘブライが繋がったら、
 おもしろい。。。
 カバラは神道とも、かなり繋がっているみたいだし。。。

 竜宮城って、何だったのでしょうねぇ。。。

 そうそう。。。竜宮城で思い出しましたが、
 時間がある時は、空を眺めてみてください。。。
 最近の空は、ちょっとおもしろいです。。。
 不思議な雲もよく出て、いろんなことを伝えてきているようです。。。  

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。