スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケン・ウィルバー

 17,2006 17:04
 今読んでいるのは、ケン・ウィルバーの「存在することのシンプルな感覚」
 という本なのですが、


 
存在することのシンプルな感覚存在することのシンプルな感覚
(2005/11)
ケン ウィルバー

商品詳細を見る



 これは今までの彼のたくさんの本からの名場面集のような内容なので、
 ウィルバーに興味はあるけれどまだ彼の本を読んだことはないという方
 にはおすすめです。。

 
 この本を読んで思ったのは「このケン・ウィルバーという人はすごい!」と。。
 なんだか理屈抜きで感動してしまいました。この人は本物だ。。と思います。

 この感覚を言葉で表現するのはとても難しいのですが、彼の言葉は読んでいて
 スカッとします。気持ちいいです。

 
 世の中には聖者やマスターと呼ばれる人達はたくさんいるけれど、
 例えば聖域にこもってとか、聖職について、とか。。そういう場にいれば、
 聖者になるのは簡単です。。

 でも、この人は「俗世間」の中で、マスター達のような、もしかすると
 それ以上の意識を保っていられる人だと感じました。そして少しも奢らない。。
 説得しようという強引さもない。。

 
 ケン・ウィルバーはチベット密教や、仏教、そして禅などから深く影響を
 受けているようですが、でも、彼はもうそれすら超えているような気がします。

 奥様をガンでなくされ、彼女のことを「僕が出会った中で、たったひとり
 『本当に悟った人』だ」と語っていましたが、私はケン・ウィルバー自身も、
 本当に悟った人だと感じました。。

 その奥様との愛の軌跡を綴った「グレース&グリッド」からの抜粋も
 かなり入っているのですが、これはもう涙なくしては読めなくて。。

 私は外で読んでいたのでだいぶ慌てました(苦笑)

 
 彼は本物です。。としかいいようがなくて、あとは読んで感じて下さい。
 としか言えないくらい。。。

 今日読んでいたところからのみ、少しだけ抜粋してみます。。


 『スピリット』の男性の顔ー神ーは、まずもって、エロス、
 つまりコスモスの上昇、あるいは超越的な流れである。

 それはより大きな全体性、より広い合一を常に求め、限界を破って、
 無限の大空、可能性に手を伸ばす。より偉大な善と栄光を生み出し、
 より深いものを求めて、浅いものを投げ捨てる。


 『スピリット』の女性の顔ー女神ーは、まずもってアガペ、慈悲である。
 それはコスモスの下降の運動であり、コスモスに内在する、顕現の流れである。

 それは身体化の原則、肉体化、関係などの原則であり、すべてのものを抱擁し、
 何者も拒否しない。

 エロスは一者の善へ向かって、超越的な智恵のなかで上昇する。
 アガペは、多者をその善性と内在的な思いやりをもって抱擁する。


 一者へ帰還し、一者を抱擁する多者は善である。
 そしてそれは『智恵』と呼ばれる。

 多者へ帰還し、多者を抱擁する一者は善性である。

 そしてそれは『慈悲』と呼ばれる。



 「智恵」と「慈悲」。。どちらかひとつでは到達できないのですよね。。

 自分が今いるところはどこだろうと考えます。。「智恵」か「慈悲」か。。
 「エロス」か「アガペ」か。。もっと違うところでしょうか。。
 それとも最初からすでにその場にいるのでしょうか。。

 (余談ですが、パウロ・コエーリョは「愛」を「エロス」と「フィロス」と
 「アガペ」に分けていましたが、彼の言う「エロス」は、ケン・ウィルバーの
 「エロス」とは若干意味が異なっているような気がします)

 
 二元的なものを越えた、非二元的な世界。。ゼロの地点。。

 とても複雑なパラドックスが存在していて、その地点はどちらでもないけれど、
 どちらの要素も含んでいる。。

 しかもどちらかに傾くと違うものになってしまうのに、どちらも
 知っていなくては到達できない地点。。

 
 そしてここは。。本当は、二元的なものなど、もともと存在してはいないはずなのに、
 二元的な法則が出来あがってしまっている不思議な世界。。

 プラスとマイナス、善と悪、カオスとフラクタル。。光でさえも
 プラスのフォトンとマイナスのフォトンに分かれてしまう。。

 私たちが創りあげたこの世界の法則に従うのならば、その幻の二極を
 経験しなくてはゼロに辿りつけないなんて。。なんだか矛盾していますよね。。


 なんだかそろそろ、このパラドックスから抜け出すために、私たちの
 「意識の改革」が必要のような気がしてならないです。。。


 …と自分でも何を言っているのか解からなくなってきたので、この辺でやめておきます。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。