スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族って

 19,2008 00:36
 我が家は。。。

 父・・・乙女座
 母・・・魚座
 弟・・・おひつじ座
 主人・・・射手座
 娘・・・魚座
 息子・・・おひつじ座

 そして、私は太陽星座が射手座で、月の星座が乙女座です。。。
 アセンダントは。。。秘密(笑)

 占星術をやっていらっしゃる方はきっと、これを聞いただけで
 「あぁ。。。そうなんだぁ。。。」って苦笑いしそうな感じですね。。。^^;

 これに13月暦のKINをあわせて見てみると、もう、笑ってしまうくらい
 当たってたりして。。。
 私は、「白い電気の魔法使い」ですが、家族のそれまで書いちゃうと
 いろいろとバレそうなので、それも、秘密ですが(笑)

 小学校の1、2年生くらいの時、読んでいた星占いの本で。。。

 「射手座のあなたと一番相性が悪い両親は乙女座と魚座です。」

 なんて書かれてあった時は、ものすごいショックを受けたっけなぁ。。。
 でも、それを母に言ったら、なぜか怒られたのを覚えています。。。

 私は。。。
 思春期もグレなかったし、結構まっすぐに育ってきたと、私も、そして
 両親も思っていたと思うけど。。。
 星占いって。。。やっぱり当たっているところもあって。。。
 心の中では、いろんなものを溜め込んできたことに。。。
 下の子が生まれた頃くらいから、気づき始めました。。。

 そして。。。
 何の因果か。。。
 今ごろになって自分の両親と同居することになってしまい。。。
 イヤでも、そういった心の奥深くに隠しこんでいたものに、対面せざる
 おえなくなったここ数年。。。

 あれはたしか、赤い磁気の月の年に入った夏の終わり。。。
 秋の始まる頃の満月の夜でした。。。

 私は一気に爆発して。。。
 
 それから。。。
 まるで浄化が始まったかのように、身体の具合がすごく悪くなり
 アレルギー症状が起こり始め。。。

 いろいろ大変でした。。。
 

 だけど。。。
 子供の頃から、「お母さん、あそこに誰か立ってるの。。。」
 ・・・と言えば、「何、馬鹿なことを言ってるの!!」と叱られる。。。
 
 「あなたは、こういう人だからね。」
 ・・・と母が言う私は、自分の思う私とはかけ離れていて。。。
 そのギャップを埋めようと、理解してもらいたいと努力するたびに
 それは虚しく空回りして、結局悪い方向へと走っていくのを
 悟ってからは。。。
 ずっと両親の思う自分を演じ続けてきた。。。


 あの爆発した夜。。。
 両親の期待に答えようとするのは、もうやめよう。。。と。。。
 そう思いました。。。

 その。。。
 素のままの私を。。。
 今、親達は受け入れようとしているのが解ります。。。
 一生懸命、理解しようとしてくれている。。。

 私が自分を守ろうとしなくなったら。。。
 逆に、流れはいい方向へ流れていったような気がします。。。
 やっとここまできました。。。
 あと。。。もう少し。。。

 私はまだどこかで。。。
 両親に対して罪悪感を感じていたりするのだけど。。。

 だけどいつか。。。
 全てが丸くおさまる日が来るだろうと、それは確信しています。。。
 
 親子の絆って。。。
 やっぱり深いのですね。。。 


 主人、弟、息子。。。
 その男性陣とはもう。。。
 相性がいいのはとても感じています。。。
 まぁ。。。主人にはいろいろ言いたいことはありますし、
 夫婦間での学びも。。。これもまた、かなりいろいろあるとは
 思っているのだけど、でも、根本的な部分でのズレみたいなものは
 あまり感じません。。。

 そしておもしろいのは、娘。。。
 娘の誕生日は、私の母と一日違いなのです。。。
 だから彼女も、私とは相性の悪いはずのうお座の子。。。
 そして、娘の性格は。。。
 私よりも、母に近いものがある感じがする。。。

 それなのに。。。
 娘と私は、「超」がつくくらい仲良しなのです。。。

 それは。。。
 娘と私は、似ているから。。。

 だから本当は。。。
 母と私も似ているのです。。。

 ここら辺にも、運命的な何かを感じてしまいます。。。
 母と私。。。娘と私。。。そして、母と私の娘。。。
 そこら辺にも。。。何か魂同士で交わした、
 大事な約束がありそうですね。。。




 娘は以前、あるヴィジョンを見ています。。。
 彼女は、その中で黒い服を着たおばあさんだったそうです。。。
 そして、ある女性の世話をしていた人だったのだと。。。

 その女性の容姿を説明してもらったら。。。

 それは、私が自分で見た過去生のヴィジョンの中の私の姿と
 ぴったり同じで。。。びっくりしたことがありました。。。

 娘は、その女の人の名前の中には、ある字が使われているような
 気がするのだけど。。。と言っていましたが。。。
 娘が言っていたそれは。。。
 もしかすると、私の過去生の名前だったかもしれないある名前の
 中に、入っていたりするのです。。。

 彼女には何も話していなかったのに。。。

 そして息子も。。。あの塔と草原のヴィジョンを見ていたりします。。。

 
 こういう不思議がなぜなのか。。。
 それはよく解らないけど。。。

 でもやっぱり。。。
 魂のご縁を感じざるおえない。。。

 家族ってね。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。