スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキをかけながらのトンデモ論

 01,2006 17:43
 シェルドレイク「形態形成場論」。。自然界には、電気・磁気・重力以外の
 未知の力の場が存在していて、これを「形態形成場」または「形の場」と呼び、
 ある形や活動が広がるとその形や活動パターンが宇宙に刻印され、「形の場」の
 共鳴作用によって同じような形や行動が起こりやすくなる。
 また、生物の進化も「形の場」の共鳴作用が関与している。。と。

 なんだか遺伝子のネットワークに近いと思うのですが。。。

 ある本には、「例えば、魚がもっと泳ぎやすいひれが欲しいと思うと、
 その思いが次の子孫にひれを創り出す。」と書かれていました。

 意識が形態形成場に何かしらの影響を及ぼすのでしょうか?

 これってきっと、量子の世界と何か関係しているような気がします。

 そうそう、量子力学がこの世に登場したのと、冥王星の発見はだいたい
 同じ時期だそうですね。


 今ではほとんどの人に真実だと認められている科学的な発見も、
 ひとつの仮説から始まって、それは、それまでの世の中の常識からは
 思いきりはずれていたため(いわゆるトンデモ的なため)、知識人達の間では
 ほとんど相手にされなかったのに、その後(へたをすると本人が死んで
 しまったあととか)に証拠が発見され、それが正しかった事が証明される。。
 という事を繰り返してきましたよね。

 なんとなくですが、誰かが仮説を立て、それに賛同する人も何人かいて、
 そしてその賛同した人の数がある数に達すると、その根拠となるものが、
 実際にこの世界に発生するのではないかなんて思ったのです。

 実は仮説が先にあって、証拠はあとから発生したものなのに、
 あたかもずっと昔からそれはこの世に存在していたかのように私達に映る。。。

 
 例えば、この生命の進化のお話も、ダーウィンの時代の人間の意識には
 存在しなかった概念。。シェルドレイクの形態形成場論のような。。
 (これは今でもトンデモ扱いされているみたいですが。。)

 そういう仮説が、ある時、世に出て、そして広がって、賛同する人が
 一定数に達した時、それは遥か過去の生物の進化にまで影響を
 与えるのではないか?と。。

 「今、その出来事が過去に実際に起こる」つまり、私達の時間の感覚からみたら、
 歴史上の事実になるのではないかと。。

 今が過去を変える事もあるのかもしれないと思いました。

 そして、もちろんそれは未来に対しても言えるのではと思います。
 過去も未来もそして現在の世界も、「今」の私達の意識が創っている
 ものなのではないかと。。ちょっと飛ばしすぎかなぁ?と思いつつ。。

 
 なので、今までの既存の宗教や思想、科学や神話、歴史。。

 そういった中からのみ真実を探そうとしても結局、今までの私達の創り出してきた
 「概念」の世界にはまるだけ?なんて思いがふつふつと。。

 それだけではいつまでたっても、今まで長い間に人類が創りあげてきてしまった、
 意識の牢獄からは出ることはできないような気がします。

 もちろん、既存そのものが間違いだとは言いません。

 それらが創り出した世界が、今の現実での真実なのだから。。
 でも、それだけにとらわれるのは。。と思うのです。

 
 今、ここにいる私達が、どういう世界を創造したいのかというヴィジョンを、
 自分の中にはっきりと確立する事がとても重要な気がしています。
 自分の意識が世界を創造するのであれば、その為に自分はどう在ればいいのか。。

 
 今、私が必要だと思うことはやはり、外からの情報で正しい(私が正しいと
 思うのは、全体が平和に向かうような、根底に愛が流れていると感じる情報です)
 知識を増やすとともに、意識の世界を実際に「体験」してみてしまう事だと思いました。

 そのふたつが自身の中で相互作用する事によって、変化が加速されていくような
 気がしました。

 そうして少しづつでも前進していく事が出来たら、いつか遺伝子のネットワークを
 通して人類全体に広がっていき、私達の望む、愛に溢れる世界の創造に
 繋がっていってくれたら。。という願いもあって。。

 そして、それらから得たものを、実際の生活に融合させ、私達ひとりひとりがまず、
 今の現実世界で心底幸せだと感じられるようになる事が重要だと思います。。

 その安らぎの意識が、私達の未来の世界の形を決める鍵なのでは?と感じています。

 
 …と長々と語ってしまいましたが、これは全部、「現在」の私の個人的な思いですので、
 適当に聞き流して下さい。。

 これから先、どう変わっていくかは自分でも解からないのですし。。

 とりあえずは、自分の感覚を信じ、なるべく批判判断しないように。。とは
 心がけるようにしています。

 否定してしまうことは、もしかするとせっかくのチャンスを逃してしまう
 かもしれない。。

 ついもったいない。。なんて主婦は思ってしまうのです(笑)

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。