スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペルト小麦クッキー

 29,2008 18:03
 昨日、ヒルデガルトの講座で、先生からめずらしい「スペルト小麦粉」を
 頂いてきました。。。

 ドイツのヒルデガルト修道院では、この小麦を使ったクラッカーが
 販売されているそうで、それを試食させて頂きましたが、シンプルで
 私は結構、いいなぁ。。。なんて思いました。。。

 ジャムなんかを乗せるといいかもですねぇ。。。
 なんて、お話していたのですが、先日、ウォルナット・グローブで
 買ってきたクランベリージャムなんて、とっても合いそうだなぁ。。。
 
 スペルト小麦は、お米で言ったら古代米のようなものだそうです。。。
 古代エジプトや古代ローマ、ポンペイなどでも使われていたとか。。。
 出エジプト記に出てくる小麦もこれだって。。。

 ヒトラーの時代に、今の小麦にとって変わられてしまったみたいなのですが、
 ヒルデガルトはこのスペルト小麦を、ものすごく推奨していたそうです。。。

 普通の小麦とは、遺伝子構造が違うそうなので、アレルギーが発症しにくい
 みたいです。。。
 なので、アレルギー持ちの私としては、要チェックです。。。
 今のところ、小麦アレルギーはないけど。。。

 古代のパンは、この小麦で作っていたそうですが、先生曰く、これは
 どちらかというと強力粉に近いので、これでパンを作ると、カチカチの
 硬いパンになってしまうそう。。。^^;

 なので、現代、パンに使うのはどうかなぁ。。。と思いますが、クッキーや
 クラッカーにするのは、いいかもですね^^

 この小麦を使ったクッキーのレシピも教えていただいてきたので、
 今度作ってみようと思います^^
 
 そして、手作りジャムを乗せていただいてみようかな。。。


 それから、ラノリンとワセリンを混ぜた「オイセリン」という。。。
 これは日本ではほとんど手に入らない基材と、修道院のエッセンシャルオイルを
 使って、軟膏を作りました。。。

 これもアレルギーを起こしにくいものみたいで。。。
 なんとなく、私にとっては救世主っぽいような気がして。。。

 なんかね。。。
 この講座に参加できてよかったなぁ。。。と、ちょっと大げさかもですが、
 ついつい運命的なものを感じてしまう私。。。(笑)

 ヒルデガルトと先生に感謝です。。。



 ヒルデガルトの教えは、本当に自然学と言えるのか??

 ・・・という議論が持ち上がることがあるそうです。。。

 それは、例えばディオスコリデスのマテリア・メディカのように、植物の事を
 学術的に、詳しく解説したりしていないことがほとんどだからだそうで。。。
 彼女の「フィシカ」は、大体がレシピなのだそうです。。。


 けれど。。。
 普通の庶民の生活に、実際に役立つのは、そういうレシピの方だよなぁ。。。
 なんて、思います。。。



 ヒルデガルトは、ハーブのことを「緑の力」と呼びましたが、実は、
 ここにも深い意味が隠されているかもしれないんですよ。。。と、
 先生はおっしゃっていました。。。


 緑は。。。
 虹の7色の中で、真ん中にある色。。。


 そして、ヒルデガルトを愛し、そして彼女について深く学んでこられた
 先生のお話では。。。
 ヒルデガルトが、その教えの中で伝えたかったことは。。。

 「中庸」

 だったのではないかと思う。。。と。。。

 
 う~~~ん。。。深い。。。と、感動です。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。