スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーリングワイズ

 12,2008 17:35
 
ヒーリングワイズ―女性のための賢い癒し術ヒーリングワイズ―女性のための賢い癒し術
(2006/12/10)
スーザン・ウィード

商品詳細を見る



 夏に癒しフェアに行った時、フレグランスジャーナル社のブースで、
 この本を見つけました。。。

 あの時、ググッと惹かれ、何度買おうと思ったことか。。。

 でも。。。
 手にとってはやめ、他のブースをひとまわり。。。
 また戻ってきては、もう一度手にとり。。。

 結局なぜか、買わなかったんです。。。


 昨日ね、薬草魔女のセミナーというのがあって、それに行ってきました。
 その時もこの本が紹介されました。。。

 本をお薦めされていた方は、ハーブの世界ではとても有名な方なのですが、
 こんなことをおっしゃっていました。。。

 「最初読んだ時はあまりにも訳が解らなくて、頭にきて捨てちゃいました。
  でも、しばらくしたら、なぜか気になるので、もう一度買い直しました。
  そうしたら、今度は。。。なんとなく解ったんですよねぇ。。。

  よく言いますよね?
  一度手放して、また戻ってきたものは、自分にとって本当に価値ある
  ものだって。。。」


 こんなこと以外にも、昨日はちょっと、いろいろとあって。。。
 これは買いなさいという流れだよね。。。
 ・・・と、しみじみ感じちゃったので、私もとうとう購入しました。。。

 でも、ザッと内容を読んでみるとやっぱり。。。
 読むべき時期に読むようになっているものだなぁ。。。と
 思ってしまいました。。。

 癒しフェアの頃はまだ、私にとっては時期じゃなかったです、きっと。。。



 この本は。。。
 女性の視点から書かれた本だなぁ。。。という感じがとてもしました。。。

 だから読むほうも、女性ならきっとすぐにピンときそうな感じだけど、
 男性には理解しにくいのかも?
 セミナーで先生が、最初は全く理解出来なかった。。。とおっしゃっていたのも、
 もしや先生が男性だったから??なんて思ったりもしました。。。

 でも。。。
 男性である先生がそれを理解してくださったことは、なんだかとても嬉しく感じる
 とともに、だんだんと、そういう時代なのかもなぁ。。。という気もして。。。


 この本を書いた方は、アメリカで魔女の学校を開いているんだそうです。。。
 やっぱり。。。って感じでした。。。

 女性の視点というよりは、魔女的視点と言ったほうが。。。
 もしかしたら、いいのかな?(笑)


 健康とは何か?
 という命題を突きつめた末に
 米国のワイズウーマンハーバリストが提唱する、
 第3の健康観。


 現代西洋医療を「科学的伝統」、代替医療を「英雄的伝統」とし、合理性や
 浄化主義を重んじる考え方とは一線を画した「ワイズウーマン伝統」。
 それは、古代より脈々と紡がれてきた、女性の力を中心とする愛と叡智に
 満ちたヒーリングの方法。シンボルは「渦巻き」。考え方の変化や柔軟性が
 否定されることは決してありません。どのような場合でも、全体的な視点から
 「個」が尊重されます。心身共に自分らしくあることが必ずしも容易ではない
 現代社会において、単なる健康観だけではなく、どう生きれば幸せで
 いられるかという人生のエッセンスとして、大いに活用できる一冊。
 PART2では、母なる大地の恵みである5種類のハーブたちが、独自の
 方法で、特徴と楽しみ方、役に立つ使用法、おいしいレシピの数々を紹介。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。