スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳が痛かったおばあちゃんのお話

 25,2008 01:27
 私の母ってね。。。
 サチ・パーカーさん。。。というよりも、彼女が演じている西の魔女の
 おばあちゃんに、少し顔が似てるの。。。

 これは私だけじゃなくて、主人も、そして娘もそう言ってるので、
 多分、私の思い込みだけじゃないと思うのだけど。。。(笑)

 だからよけいに。。。
 あの映画を見ていると。。。なんだかなぁ。。。と思ってしまう。。。

 そんなわけで、また、あの物語の本を読み返していたところでした。。。


 私があの物語を初めて読んだのは、今からもう何年も前でした。。。
 映画化される。。。と聞いて、久々に読み返してみたとき。。。
 あの頃には、スルーしていたこととか、解らなかったことなんかが
 今ではいろいろと、よく解るようになっていたことに気づきました。。。

 映画ではカットされていたシーンなんかにはね、本物の魔女がやるような
 訓練。。。視覚化。。。とか、さりげなく織り込まれていてね、
 
 この物語の作者の方って一体。。。
 
 ・・・って、いろいろ想像しちゃいました。。。(笑)


 私も小さい頃から、見えたり聞こえたり。。。という事は多々あったけど、
 でもそれは、いつも突然偶然起こるし、何の心構えもないので、
 「え??今の何??」と、ワケが解らず過ぎていく。。。

 それによって、いろいろと自分で考えることが出来る。。。
 ・・・というメリットもあったのだけど、基本的にそういう体験は、
 嬉しいような、でも迷惑なような。。。だったんですね。。。

 ある時、本物の魔女になるためには、そういった力はかえって訓練の
 邪魔になったりする。。。と聞いたので、それ以来、私はそういうの、
 なるべく封印するようになりました。。。

 封印って言ったって、そんな大げさなものではなくて、気のせい、気のせい。。。
 ・・・と、なかったことにしただけです。。。(笑)

 たまに。。。
 これでもか~~!!ってアピールしてくるものもあるんだけどね。。。(苦笑)


 西の魔女のおばあちゃんは言います。。。

  自分で見ようと決めたものだけ見ることが出来るように訓練するんです。
  そうなるまでには、かなり時間がかかりますけどね。
  でも気をつけなさい。いちばん大事なことは、自分で見ようとしたり
  聞こうとしたりする意志の力ですよ。自分で見ようともしないのに何かが
  見えたり、聞こえたりするのはとても危険ですし、不快なことですし、
  一流の魔女にあるまじきことです。


 ・・・と。。。
 そして、森で変な声を聞いてしまい、動揺していたまいちゃんに。。。

  だって、その声は、まいが心から聞きたいと願ったものではなかったの
  でしょう。そういう一見不思議な体験を後生大事にすると、次から次へと
  そういうものに振り回されることになりますよ。
  けれども不必要に怖がることはありません。それも反応していることに
  なりますからね。ただこうべを高く挙げて。。。

  無視するんです。。。
  上等の魔女は外からの刺激には決して動揺しません。


 と言いました。。。


 このことについては。。。
 このおばあちゃんだけでなく、本物の人達はみんな、口を揃えて
 こう言います。。。


 私は。。。
 耳が痛いですぅ^^;
 本当に。。。ホンの1、2年前くらいまで、私も思いっきりこういうものに
 振り回されてきました。。。(苦笑)

 けどね。。。
 初めてこの物語を読んだ頃は、この意味さえ解っていなかったのだから、
 それはそれで進歩だよねぇ^^;・・・と、自分をフォローしてみたり。。。^^;


 なので。。。
 今までのことはここで一度手放して、1から出直そうと思っているのです。。。
 ちゃんと訓練して、一流の魔女みたいに、見たいものが見えて
 聞きたいことが聞けるようになりたい。。。


 ただね。。。
 レイオルトだけは例外で。。。
 今でも本物だと思っているのだけど。。。(笑)

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。