スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴスプーン

 03,2008 15:55
 ウェールズに行くと、お土産屋さんに必ず並んでいる工芸品があるそうです。
 
 それが「ラヴスプーン」

 これは、男性が心を寄せる女性への求愛の証にプレゼントするもので、
 17世紀以降、ウェールズの風習のひとつになっているそうです。

 もともと長い冬場、農夫が退屈しのぎの娯楽として木でスプーンをつくり、
 それで肉汁をすすっていたりしたのが、いつしかハート、ベル、
 ケルト十字架、花びら、輪、キーなどのデザインをほどこした愛の工芸品へと
 様変わりしていったようです。。。

 一体どんなものなのか見てみたいなぁ。。。と思い、ネットで検索してみたのですが、
 最初に出てきたのは、日本で変なブームになってしまっていた
 ラヴスプーンばっかり。。。

 女性ファッション誌とかで、「愛のお守り♪」みたいな乗りで宣伝されている
 ものは、シルバー製の。。。私にとってはなんだか面白みのないものばかり。。。


 それで、ちょっとがっかりしたのだけれど、検索で「ウェールズ製」として
 でてきたスプーンの画像を見て、
 「わ~~~~~~~!!!!!!かわいい~~~~~~~!!!!」
 ・・・と(笑)
 思わず叫んでしまいました。。。

 ものすごーーく、可愛いです

 もう。。。カントリー好きの私には、たまらない一品。。。(涙)


 それで、本場モノはやっぱり違う!!と思って、今度は英語で検索してみたら、
 次から次へと可愛いスプーンがでてきて。。。もうワクワクでした。。。

 こちらのサイトには、すごいたくさんのコレクションが載っていました。。。


 THE LOVE SPOON GALLERY

 Welsh Lovespoons hand carved by Roy John Phillips


 もう!!めちゃくちゃ可愛い

 木のカトラリーって大好きで、以前の家ではスプーンやフォークも木のものを
 使っていました。。。
 だからなんだか。。。こういうのを見ると、盛り上がっちゃう(笑)

 
 ところでこのラヴスプーン。。。
 今では、その形にもいろいろと意味があるようです。。。


 ①ハートの形は最もポピュラーで「愛」を表す

 ②ハートがクロスした形は「私も愛しています」といった愛の返礼

 ③チェーンの形は「誠実」「忠誠心」を示す

 ④スリットの間のボールは「私の心は貴方に捕らえられています。」と言うことを表す

 ⑤同じくスリットの間のボールでもその数で二人で持ちたい子供の数を表すこともある

 ⑥ベルの形は「結婚してください。」の意味や、結婚記念日を表す。

 ⑦車輪の形は「貴方のために一生懸命働きます。」といった決意表明である

 ⑧ねじれた柄は「一緒に暮らしたい。」との願望を表す

 ⑨葡萄の蔦、葉,房は「長く誠実に暮らしましょう」

 ⑩二つのスプーンは「愛されたい」「一つになりたい」との願望を表す

 ⑪ドラゴンはウェールズのシンボルで強さや守りを表す

 ⑫ラッパ水仙はウェールズの国花で「紳士的」「成長」を表す

 ⑬十字架は宗教的に「結婚が神に祝福されますように。」といった願望をあらわす
   (十字架は信頼、ケルト十字は愛の誓い)

 

 その他、コンマは、魂、結び目は、永遠、いかりは不動、安全、
 ダイアモンドは、富、幸運。。。などなど。。。


 例えば。。。
 ある若者が上記の意味の装飾を施したスプーンを送り、乙女からスプーンをお返しに
 貰ったとすると、そのスプーンの柄によって、愛のメッセージが交わされた事になるそうです。

 「結婚してください。貴方のために一生懸命働きます。そして子供は3人欲しいですね。」
 「私も愛しています。早く一緒に暮らしましょう。この結婚に神の祝福がありますように。」

 
 素敵ですね^^

 ちなみに、ラヴスプーンは、ウェールズに行けばどこのおみやげ物屋さんにも
 並んでいるみたいだけど、やっぱり、真心を込めた手作りの品でないと、
 なかなか意中の女性を射止められないとか。。。(笑)


 50.jpg  42.jpg

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。