スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Moon on Monday

 27,2009 00:04
 月曜日の新月。。。

 額に涼しい風が吹いてくる。。。

 そのうち、上から押さえつけられたかのように、
 横たわった身体が、地面に沈んでいく。。。とても重い。。。

 そうかと思ったら、まるでバネに跳ね返されたみたいに
 一気に宙に舞い上がる。。。

 そのまま宙に浮かんでいると、今度はぐんぐん、
 引き寄せられていく。。。

 太陽に。。。

 熱くはない。。。
 怖くもない。。。
 ただ、目を開けていられないほど眩しい。。。

 私は。。。太陽に吸い寄せられるままにしていた。。。

 そしてコロナを通過する時、私は一度、消滅した。。。


 気づくと、太陽の中心にいた。。。


 そこは、真っ暗で、光も音も。。。何もない世界。。。
 
 その中で、しばらく仰向けになったまま、浮かんでいた。。。


 もうひとりの私が、その闇の一部を切り取って、顕微鏡で
 覗いて見ると、蜘蛛の糸よりもずっとずっと細い、七色の輝く糸で
 編まれた複雑な模様が見えた。。。

 まるで、陽炎のような。。。
 とても儚い、七色の輝く糸で編まれた織物。。。

 それが闇の正体だった。。。
 

 ふっと気づくと。。。
 さっきまでそこに浮かんでいたはずの私が消えていた。。。

 消える。。。
 ・・・というよりかは、闇に。。。その七色のタペストリーの中に
 すっかり溶け込んでしまっていた。。。


 この光景をずっと観ていた私は。。。
 今もここにいる。。。


 いるのだけれど、どこにもいない。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。