スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトのミン神 2

 10,2009 18:30
 灯台下暗し。。。な感じがしました。。。

 昨日、ミン神のことが知りたくてネットでいろいろ読んでいたのですが、
 ブログで書いたこと以上のことは見つからず、なんとなくもの足りなく
 感じていました。。。

 今朝。。。
 ふと本棚に目をやると、そこで目についた一冊の本。。。


 
エジプト神話エジプト神話
(1988/10)
ヴェロニカ イオンズ

商品詳細を見る



 これは。。。
 10代の、学生の頃に買った本。。。

 学年末に論文発表をしなくてはいけなかったのですが、私は
 そのテーマをエジプト神話にしたのでした。。。

 当時の私は、エジプトにとても魅せられていたのです。。。
 考古学者になりたかったくらい、盛り上がっていました。。。(笑)


 あの時、資料として使った本が、今でも家の本棚の隅に
 並べられていたのだけれど。。。
 その存在感は薄く。。。半分忘れかけていました。。。

 でも目についたので、中身をパラパラしてみたら。。。
 ミン神のことも、ちゃんと載っていて。。。
 なんだか。。。
 また、完璧さを感じてしまったのでした。。。


 メモとして抜粋しておきます。。。


  ミン

  デルタのケンミスとコプトス(上エジプト)に崇拝センターをもつミンは、
  稲妻の矢を物神(フェティシュ)とする先王時代生まれの神であった。
  初期にミンは天空神とみなされ、「天の長」という称号をもつ至高の
  存在と考えられた。中王国時代の盛時に至るまで、彼は隼神、
  大ホルスと同一視された。彼はラーの息子、またはシュウの息子と
  呼ばれた。

  ミンは何よりもまず豊饒の神であって、性的な力の授与者として
  男性から崇拝された。雨の神として、彼はまた自然における繁殖力の
  化身であり、とくに穀物の内在的成長力の化身であった。
  重要なミン祭礼の一つの表現において、ファラオは鍬で地を耕し
  畑に水を導いており、これをミンが見下ろしていた。収穫期の
  はじめに行われるミン収穫祭において、ファラオは穀物を儀式として
  刈り入れているのが見られた。

  中王国時代には、ミンはオシリスの息子ホルスと同一視された。
  豊饒の源としてのファラオとの結びつきによってであった。
  ファラオが(同じ祭礼において儀式として)後継者を得たとき、
  ファラオはまたしてもミンと同一視された。
  ファラオはラーの息子であると言われていたので、ミンは太陽神と
  同一視されるに至った。

  そして、新王国時代において、彼はさらに密接にアメン・ラーと
  結び付けられた。この時代に、ミンは非常に民衆的な神となり、
  酒神祭のような祭が彼のために行われた。

  豊饒との関係にもかかわらず、ミンは「東の砂漠の主」としてよく
  知られていた。なぜなら、彼はコプトスに発し、危険な部族居住地を
  通過して紅海に達するキャラバン・ルートを守護する神だった
  からである。彼は「異国の地の主」と呼ばれ、遊牧民と狩猟民の
  守護者であった。

  ミンは鬚をつけた男根強調の像として、通常は古拙風に両足を
  密着させて黒く塗られた像として、表現された。彼は、アメンと
  同じように、二枚の高い羽毛からなる頭飾りをつけ、天災あるいは
  落雷をひるませるために一方の手を振りあげていた。

  新王国時代には、彼は神聖獣すなわち白い牡牛の姿をとって
  収穫祭を統括している図で見られた。
  この白い牡牛は、しばしば特別の植物、すなわち性欲促進の成分を
  持つと信じられていたレタスによって飼育されるのであった。




 なんだか。。。
 思いきり、魔女の神様。。。
 「有角神」のような気が。。。


 そして酒神。。。
 と言うと、ディオニュソスを思い出しますね。。。


 ディオニュソスと言えば。。。バッコスの信女。。。
 でも、ここら辺は、広げてしまうとワケが解らなくなりそう。。。^^;

 古代密儀について、少しだけ。。。


 フリーメイソンのシンボリズム


  密儀を語る際に避けて通れないのが、ディオニュソス(バッカス)密儀である。
  ディオニュソスは12月25日に処女から生まれ、人類のために数々の奇跡を
  行ったことから救世主と呼ばれた。
  彼は水を葡萄酒に変えたり、驢馬に乗って凱旋的な行進を行ったとあるから、
  イエス・キリストの神話と非常に似ている。そして彼もまたイエスのように復活する。



 復活。。。
 死と再生。。。

 これもまた、魔女の神話。。。
 「年の車輪」が浮かびます。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。