スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖書

 13,2009 23:52
 昨日の夜、なんとなく思いたってゴッホの画集を観ていました。。。

 ゴッホの絵や、生涯の物語を見ていると。。。
 なんだかいつも、なんとも言えない感じに襲われる。。。

 それでふと。。。
 ゴッホや、あとは同じように興味をひかれるヒルデガルト。。。
 この2人をきちんと理解するためには、やっぱり「聖書」を
 読むべきなのではないかなぁ。。。なんて気持ちになり、
 久々に聖書を引っ張り出してきました。。。

 聖書は。。。
 うちには3冊もあるんです。。。

 一冊は、母が若い頃に読んでいた新約のみの聖書。。。
 もう一冊は、私が高校時代に学校で使っていた聖書。。。
 こちらには、旧約も入っています。。。
 そしてもう一冊は、スピリチュアルの世界に興味を持ち始めた
 頃に、新たに買った聖書。。。

 学生の頃の聖書は言葉が少し古く、堅苦しすぎるように
 感じたので、新たに買いなおしたのだけれど、今読み比べてみると、
 翻訳ひとつで、こんなにイメージが変わるのか。。。と感じる
 部分も多々ありました。。。

 それを思うと。。。
 長い時の流れの中で。。。
 この、ひとつの聖書がどう語られ、どう解釈されてきたのだろう。。。と。。。
 きっと、時代と共にいろんなことが変化してきたのだろうなぁ。。。と
 思って、また。。。感慨深い。。。


 なんだか最近。。。
 感慨深く思うことが、また増えたような。。。


 パラパラしていたら、「マタイの福音書」のユダの裏切りのシーンが
 目に止まりました。。。


 このブログを始めたばかりの頃は。。。
 ダ・ヴィンチコードが流行ったり、また、今までずっと裏切り者だと
 されていたユダの福音書が出版されたりして。。。
 マグダラのマリアや、ユダのイメージが大きく変わったりしてました。。。


 あの時の私も確かに。。。

 「ユダは裏切り者ではなかったんだ。。。」

 そう思ったのだけれど。。。
 なんだか今、ちょっと違うことを考えたりしました。。。


 もしかしたら。。。
 ユダはやっぱり、裏切ったのかもしれないな。。。と。。。

 けれど。。。
 もしユダが本当は裏切っていたのだとしても、今の私達ならば、
 今までのように彼を責めることはもう、しないのではないかな?
 なんて思ったりしました。。。


 ユダが本当は裏切ってなかったから。。。と、責めることをやめるのではなく。。。
 実際は裏切っていたのだとしても。。。

 もう。。。
 赦せるのではないかな。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。