スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンドル作り

 23,2009 16:46
 200904231305351b1.jpg


 キャンドルを作りました。


 実は。。。
 次の満月の時に、ダークレッドのキャンドルを使いたかったのです。。。


 キャンドルは、以前から作りたいと思っていましたが、ついつい
 後回しになってしまっていました。。。


 でも今回、出来ればミツロウで、そして出来ればアロマが入っていない
 無香料。。。しかも、ダークレッドで。。。

 ・・・というと、どこにもこれ!。。。というのが売っていなくて。。。


 それでやっぱり自分で作るしかないと思い。。。
 やっと、重い腰をあげたのでした。。。


 実物は、この写真と少し色が違う感じです。。。
 この赤は、なんだか朱色がかって見えますが、実際はもっと
 ボルドーに近い赤です。。。

 
 以前、ミツロウキャンドル作りの講座でもキャンドルを作りましたが、
 あの時は、ミツロウをこねて作りました。。。
 溶かして型に入れて。。。という作り方は、実は幼稚園以来かも。。。(笑)
 

 昨日材料が届いて、今日作ろうと思っていたら、夜、息子が
 どうしても作りたい!!と言うので、1度作ってみました。。。
 けれど、今朝型から抜こうとしたら全然抜けないので、ネットで
 調べたところによると、離型剤を塗るとよい。。。とのこと。。。

 ない場合は、サラダ油で代用できると書かれていたので、
 1度作ったキャンドルを溶かし、再びチャレンジしてみたところ、
 今度は綺麗にとれました^^


 やり直したので、当初の予定より少しサイズが小さくなっちゃった。。。^^;


 なので。。。
 これは練習用ということで、満月に使うキャンドルは、後日また
 作ろうと思います。。。

 そうと決まれば、早速点火。。。(笑)


 キャンドルの光は、癒されますね^^


 ミツロウのキャンドルは、火で温まって蝋だまりが出来たところ。。。
 そこに映る光が、パラフィンキャンドルと違って神秘的なのです。。。


 最近、蜂が少なくなっている。。。なんて騒がれていましたが、
 このミツロウ。。。とても貴重なのですよね。。。


 以前のそのキャンドル講座で先生がおっしゃっていましたが、
 ミツロウというのは蜂が蜂蜜を食べて、それを体内でミツロウに
 変えるのだそうですが、一匹の蜂が一生分で作れるミツロウというのは。。。
 正確な量を忘れてしまいましたが、でもたしか、びっくりするほど
 ほんのわずかだったような気がします。。。


 それを思うと、
 こうしてキャンドルを作れるのも、蜂たちのおかげなのだから、
 蜂に感謝の気持ちを忘れてはいけないなぁ。。。と、
 そう思いながら作っていました。。。



 調べてみると、キャンドルもただ溶かして固めるだけじゃなくて、
 いろいろと奥が深いようです。。。

 いろんな方のブログを見てみたけれど、芸術作品だ。。。と感動する
 くらい、素敵な作品がいっぱいでした。。。


 私の場合、キャンドルに求める目的がちょっと違うので、芸術は
 目指さないかもしれませんが。。。(笑)
 でも、これからも練習しながら、もっと上手に作れるようになりたいです^^

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。