スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるニュースを見て

 02,2009 17:53
 昨日。。。だったかな?
 ちょっと悲しくなるニュースを見ました。。。

 あまりしっかり見ていなかったので、詳細は解らないのだけど、
 ある男性が何人かの人を通り魔的に殺害して捕まったそうです。。。
 その動機。。。というのが、死刑になりたかったからだと。。。

 自殺は失敗するのが怖くて出来ない。。。
 だけど、死にたいから死刑を望んだ。。。と。。。


 ここにこうして生きていることには、意味がない。。。
 自分は死んで、ファイナルファンタジーのゲームのような世界で生きたい。。。


 ・・・のようなことを、インタヴューをした人に対して、冷静に。。。
 そして、笑みを浮かべながら言っていたということでした。。。

 
 彼の中では。。。
 ある「確信」。。。が、あるのでしょうね。。。

 
 こんなことを書くのは、よくないことかもしれないけれど。。。
 彼が、なぜこんな風に考えるようになってしまったのか。。。
 なんとなくだけど、解るような気がします。。。


 けれど。。。
 聞いていて、とてもとても辛いです。。。
 そしてやっぱり。。。私は「あえて」、「あなたは間違ってるよ。。。」と
 言いたい。。。

 そう思いました。。。


 
 繊細な人は。。。
 傷つくことが多いです。。。
 
 傷ついて傷ついて。。。
 そして運悪く(・・・という表現も本当は違うのですが)宗教とかスピリチュアルの
 「組織」と巡りあってしまうと、今度はそこでまた、違う苦しさを知ることになる。。。


 組織の奴隷として。。。
 それでもその人がそれで本当に幸せを感じられているのならば、
 もしかしたら、それでもいいのかもしれないけど。。。
 そうじゃなかった場合、いつかは組織に不信感を持つようになり、
 そして今度はその反動で、「愛」というものに対して、激しい
 反発心を持つようになってしまう。。。


 それでも。。。
 それをバネに出来る人もいるのだけど、でも時に人って。。。
 生きることに無気力になって。。。
 「死」。。。とか、「あちらの世界」だけが本物だと思い込んでしまう
 ことがあって。。。


 これは何も。。。
 宗教的なことだけではなくて。。。
 自分以外の誰かに「正しい」と何かを強要された時。。。
 強要する側もされる側もそのことに気づかず。。。
 そして。。。

 当の本人も自分がいかに無理をしているか気づかずに、
 必死に信じようとする。。。
 自分のその必死ささえも気づかず。。。

 でも、それが幻想だったと気づいて崩壊した時。。。

 こういう感覚。。。
 「愛に対する反発心」。。。って、起こりがちだと。。。
 そう、思う。。。


 全てはその人のためにある道。。。
 全ては完璧な道。。。
 

 そうなのだけど、でもね。。。


 「どうかそこで止まらないで。。。」


 ・・・と。。。


 おせっかいな私は、つい思ってしまったりするのでした。。。


 死んだあとはきっと。。。
 この肉体はなくなって、今よりは少しだけ自由になるのかも
 しれないけど。。。

 心は今とそんなに変わらないと思うのです。。。


 だから。。。
 今が苦しければ、死んだあとも同じように苦しく。。。
 今が悲しければ、死んだあとも同じように悲しい。。。

 
 全てがひとつだということを。。。
 死んだあとは、今よりももっとしみじみと知ることになるだろうから。。。
 もしかするとその悲しみは。。。
 今よりも更に深くなってしまうかもしれない。。。


 私は。。。
 そんな風に思います。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。