スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バフチサライの泉

 13,2009 14:47
 あれはまだ、小学校の4年生か5年生くらいの時。。。
 
 バレエの先生が所属していたバレエ団の公演。。。
 それを観にいくのを心待ちにしていたのに、私は当日、熱を出して学校を
 休んでいました。。。

 母が、「今日はもう無理だから。。。」・・・と、バレエ関係のお友達のお母さんに
 電話をかけようとしました。。。
 もし余っていたらチケットを譲って欲しい。。。と言っていた人がいたからです。。。

 私は、悲しくてずっとベッドで泣いていたのだけど、でも仕方ない。。。と。。。
 母が電話をするのをじっと聞いていたのだけれど、でも、どうしても途中
 我慢が出来なくなって。。。

 「やっぱり行く!!!どうしても行く!!!!」

 ・・・と、気づけばベッドから這い出してきていたのでした。。。


 その時観にいったのは、「バフチサライの泉」。。。


 200906131657546ef.jpg


 当時の私には、お話の内容は、全く理解できませんでした。。。
 でも。。。
 大人になってその物語を読み直したとき。。。
 どうしてももう一度観てみたい。。。と、そう思ったのです。。。


 「トリスタンとイゾルテ」の余韻に浸っていたら。。。
 ふとそんなことを思い出し。。。


 今はその気になれば、YouTubeでいつでも観れるので便利ですね。。。


 バフチサライの泉とは。。。
 ロシアの、アレクサンドル・プーシキンという詩人が書いた詩物語です。。。
 それは、皇帝から追放処分を彼が、ある時、クリミア半島の旧都、バフチサライを訪れ、
 そこで見聞きしたことを元に創りあげた詩なのだそうです。。。 

 16世紀に建造されたという、バフチサライの宮殿。。。
 この、イスラム教徒の宮殿には、「涙の泉」と呼ばれる噴水が
 あるのだそうです。。。


 20090613165935142.jpg


 これは当時のクリミア・ハン国の汗が、思いを寄せていた異教徒の女奴隷の死を悼み、
 涙を流す噴水として作らせたものなのだそうで。。。

 プーシキンは、そこからこの。。。物語を創っていったそうです。。。

 詩の一部。。。(ウィキより)
 
 
 うつろなる目付のギレイは坐しけり
 琥珀の煙管をくゆらせつつ。
 恐れ多き汗(カン)の傍らに
 集う無言の従僕たち。
 音ひとつなき宮殿にて
 みな仰ぎてこそ知れ
 彼の人の陰鬱たる顔に出づるは
 怒りと悲しみならんと。
 されども君主は誇り高し
 荒々しく手を振るや
 一同頭を垂れて立ち去りぬ。


 大広間にただひとり
 ほっと一息つくままに
 なおも険しきその額や
 騒ぐる心を示すらん。
 うす暗き嵐の雨雲の
 入り江の水面に映ゆるごとく。



 バレエ作品としては、1934年にレニングラード・国立オペラバレエ団(今のマリインスキー
 バレエ団)がプロローグ・エピローグつき4幕構成で初演したようです。。。


 20090613170158464.jpg


 ストーリを簡単に。。。

 *1幕 

 ポーランドの貴族の娘マリアは、誕生日のパーティを同じく貴族で
 婚約者のヴァーツラフと楽しんでいました。
 そこへタタールの王ギレイ・ハーンが軍を率いて襲撃。。。
 マリアが暮らしていた城は炎上。。。
 マリアを守ろうとしたヴァーツラフは、ギレイに殺されてしまいます。。。


 *2幕

 バフチサライの宮殿、ギレイ・ハーンのハーレム。
 帰って来たハーンを妻と妾達が歓待するのですが、彼はマリアばかりを
 見ている。。。
 略奪されたマリアは、ハーンからの愛を頑なに拒みます。
 彼の愛妾ザレマは、ハーンの気持ちを取り戻そうとするのですが、
 ギレイは、ザレマに関心を払おうとしませんでした。。。


 *3幕

 マリアの寝室。
 監禁されたマリアはハープを弾きながら、今は亡き愛しいヴァーツラフを
 思い出して悲しんでいます。
 ギレイ・ハーンは自分の愛と富を受け入れるよう懇願するのですが、
 マリアは彼を怖がり、反発します。

 ハーンの愛妾ザレマはマリアの寝室に忍び込み、自分がどんなに
 ハーンを愛しているかをマリアに話し、身を引くよう強く説得します。。。
 マリアはザレマの言葉がよく理解できない。。。
 しかし、ギレイを返して欲しいと懇願するザレマにマリアは憐憫を感じ、
 慰めようとするのですが、嫉妬に狂ったザレマは剣を振りかざします。。。

 
 *4幕

 ギレイ・ハーンの宮殿中庭。
 ギレイは戦士や奴隷に囲まれ、マリアを殺したザレマに死を要求する。
 そして、ザレマは高い崖から突き落とされて殺されてしまいます。。。

 処刑場に連れて行かれるザレマの姿も、もう彼には何の感情も起こさない。。。
 ギレイの追想のなかにマリアの幻影が、気高く不屈の精神を漂わせながら、
 あらわれては消えるのでした。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。