スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーのルーンと水瓶座の月

 09,2009 00:45
 今日ひいたルーンは、「ユー」というルーンでした。。。

 このルーンは、「イチイの木」を意味するルーンだけど、
 「死」ととても関連しているルーン。。。

 イチイ。。。ユーというのは、ベオルク。。。白樺の木と共に
 好きな木のひとつです。。。
 ちなみに。。。
 私の使っているルーンは、このユーの木で出来ていたりします(笑)

 
 ユーのルーンは滅多に引くことがないのですが、今日、
 面白いことに気づきました。。。

 過去にこのルーンを引いた日は、なんと。。。
 全てが「水瓶座の月」の日です。。。


 これは。。。一体。。。何を意味しているのでしょう。。。


 ルーンもタロットも石も星座も。。。そしてエレメントも。。。
 本を開けばその意味が載っていて、そしてその照応表なんて
 いうものもあります。。。

 けれどこの頃は。。。
 そういったものが、あまり意味のないもののように思えてしかた
 ありません。。。

 昔は。。。
 そういったものを暗記しようと頑張っていたこともありましたが、
 「誰か」の作った照応表は、実はあまり自分の役に立たない
 ということを、いろいろと実感したからです。。。


 「存在は、いつもこういうやり方をする。。。」

 ・・・と言っていた人がいました。。。

 「存在は、意地悪なんですよ(笑)」

 ・・・とおっしゃっていた方も。。。


 最近。。。
 やっと私も、「存在のやり方」。。。というものが見えてきた。。。


 ところで。。。
 ここのところ、トマス・マロリーのアーサー王を読んでいたりするの
 ですが、昨日の夜、それを読もうとしたのになぜかふと手にとって
 しまったのは、マリアン・グリーンの本でした。。。

 その本のタイトルは。。。

 「The Gentle Arts of Apuarian Magic」

 水瓶座の時代のための魔法修行。。。


 水瓶座の月とユーのルーンの関連性についていろいろと
 思いめぐらせていたら。。。
 ふと、昨日の夜のそのことが浮かびました。。。


 そして今、「ケルトの木の知恵」という本で、イチイの木の教えと
 いうところを読んで。。。
 何となく、自分の中で繋がったものがありました。。。


 その本に書かれていたイチイの木の教えとは。。。


 他のすべての木よりも長生きで、有史以前から生き長らえてきたと
 思われるものさえあるイチイは、すべての知恵の集積の象徴で
 あるといわれています。

 そのイチイが他のすべての木の教えを包括した存在であるように、
 私たちも先祖たちのすべての経験、知識、理解を受け継いでいると
 考えられます。
 そういう可能性を、私たちに思い起こさせてくれる木なのです。

 それは人生が決して長くはないこと、だから私たちの思想や行動も
 しょせんは長続きはせず、しかも時を経るうちにしばしば無力さを
 露呈するものだということを思いしらせてくれるのです。

 魂の旅を成就させるイチイの究極の教えとは、死の超越です。



 
 この世で起こる出来事は。。。
 夢と同じように、本当にすべてが、「象徴」として現われてきていて
 深いところで全てが繋がっている。。。


 そんな気が。。。とてもとてもします。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。