スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死後の色

 02,2009 20:43
 チベットの曼荼羅の写真をボーッと見ていて、
 なんとなく感じたのは。。。


 5次元の匂い。。。


 あれは。。。
 5次元の世界なんだろうなぁ。。。ということでした。。。


 5次元が何なのか。。。というのも、ハッキリは解らないけど。。。


 でも、それをあえて「5次元」と表現したとして。。。
 なんていうか。。。5次元の匂い。。。みたいなものをそこから
 感じるのですよね。。。

 5次元の匂いって何??
 ・・・って言われたら、それはまたまた説明出来ないのですけれど^^;

 例えば。。。
 極彩色。。。濃い色たち。。。眩しい光に。。。少し暗い青。。。とか。。。

 あとは、変な建物とか、妖しげな人達、生き物。。。


 うまく表現出来ないけど。。。


 ゴッホの絵。。。ウイングメーカーの絵。。。
 あとは、出口王任三郎が創るお茶碗の色。。。
 シャーマンが描く絵もそうだし。。。


 いつだったか。。。
 緑と赤の炎のようなものが、大極図のような形でグルグル周って
 いるヴィジョンを見ました。。。
 その光は。。。何ていうか、明るくて鮮やかで。。。


 ある日見た不思議な夢に出てきた壁一面に広がる色彩は。。。
 色とりどりの。。。この世のものとは思えない、とっても美しいもので。。。

 う~~~ん。。。
 やっぱり、言葉では表現出来ない。。。


 よく解らないけど。。。
 曼荼羅からも、そういったものたちと同じような匂いを感じました。。。



 チベット密教って。。。
 一般の人には伝えられない秘密の教えがあるのですってね。。。
 曼荼羅も、そういうものと関わっているって。。。


 その秘密の教えが「性」のことと「死」のことに関わっている。。。
 なんて、どこかで聞いたこともあったけど。。。
 もちろん、詳しいことは知りません。。。


 昔の私自身の体験で感じたことは。。。
 「個」にとって、「元」に戻る。。。というのは。。。
 「個」にとって、「自分を失くす」。。。というのは。。。
 想像を絶するほどの恐怖で。。。
 それは、頭で解っていても、実際にその恐怖を超えるのって
 とても難しいと思います。。。

 
 これは、私が勝手に思っていることだけど。。。
 その恐怖は、神様。。。本当の自分が、この世を体験するために
 あえて、「個をなくすことを恐怖と感じる」。。。というロックを
 かけているからなのだろうと。。。
 そう思っているのです。。。


 例えばゴッホとか。。。ニジンスキーのような人達の生き方。。。
 小説家のように、あっちの世界に行き易い職業の人などの
 人生とか。。。
 芸術関係の人に精神を病んだり、自殺したりしてしまう人が
 多いのを見て。。。


 生きているうちにそれを間違えて観ちゃったりしたら。。。
 その時、自分の心がしっかりしていなかったら。。。
 その時はもしかしたら、精神が崩壊するかも。。。

 そう感じていたのです。。。


 だからもしかすると。。。
 そういうこともあって「死」に関するものは、秘密にせざるをえないのかな??
 ・・・なんて思ったのでした。。。



 けどね。。。
 そんなことを考えながら思い出したのだけれど。。。


 小さな子供の頃、私は何かで、

 「朝起きた時に今日は夢を見なかった。。。と思った日でも、
  実は必ず見ていて、起きた時にそれを忘れてしまっているだけだ。。。」

 ・・・と聞いたことがあって。。。
 だから、あの頃の私は、毎晩眠る前、とてもワクワクしたのでした。。。

 たとえ朝忘れてしまっていたとしても、これから絶対、夢の世界を
 冒険出来るんだ。。。って。。。(笑)


 元の私も。。。
 もしかしたら、そんな風に思って、この眠りについたのかなぁ?なんて
 想像していました。。。

 だってあのままでは。。。
 何も出来なかったのだから。。。


 死んでもそれは。。。
 本当に夢から覚めたことにはならない。。。
 死んでもなお、まだ夢の中。。。


 5次元と言ったって。。。
 それだって結局は、夢の中の世界。。。


 「夢の中で夢と気づくことが出来なければ、また深い眠りの世界へ
  落ちていく。。。」

 ・・・のようなことが、チベット死者の書には書いてありました。。。
 (ちょっと、表現は違いますが。。。)


 だから修行する人たちは。。。
 夢から必死に目覚めようとするのだろうと思ったのだけど。。。


 でももし、完全に目覚めて元の自分に還ったとき。。。
 全てをすっかり忘れ去ってしまっていたら。。。と思うと、
 なんだか妙に寂しくなった。。。


 やっぱり。。。
 ここにこうして生きていることって。。。とっても貴重なことだよね。。。
 こうして存在することが出来ていることに。。。今この時に。。。
 感謝なのです。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。