スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッダという人

 03,2009 20:46
 ダライ・ラマの波動がとても心地よく感じたので、仏教というものを
 真摯に実践すると、こういう波動になるのかなぁ。。。なんて思い。。。

 今更ながら、仏教をもう少し詳しく知ってみようか。。。
 なんて気持ちになりました。。。

 けれど、いつものように。。。
 私の場合、教えの内容云々よりも、その人の人となり。。。に、
 まず興味がいってしまうので。。。
 まずは、ブッダという人がどういう生き方をした人なのか
 詳しく知りたくなりました。。。


 むか~し。。。
 やはりこれも例の如く。。。(笑)
 母がどこかのお寺で買ってきた「お釈迦様」というマンガが、
 さりげなく家に置いてあったので。。。(笑)
 だから、その内容を頑張って思い出してみようとしたのだけど。。。

 ブッダのお母さん。。。マーヤが見た白い象の夢のお話。。。
 「天上天下。。。唯我独尊」のこと。。。
 ブッダが苦行に励んでいたシーンとスジャータのこと。。。
 あとは。。。涅槃に入った時のこと。。。かな。。。

 これくらいしか思い出せなくて。。。(苦笑)

 昔。。。
 「リトル・ブッダ」という映画も、たしか観たはずなのだけどね。。。
 全く覚えてない。。。

 そういったことも全て。。。
 何かの布石にはなっていたのだろうと思いますが。。。
 きっとまだ、時期ではなかったのでしょうね。。。


 なので。。。
 図書館でブッダの本を借りてきてみました。。。


 まだ、サッと一読しかしていないので、何とも言えないところですが、
 今の感想。。。


 ブッダの生きた時代と、私達の生きる現代というのは。。。
 時代があまりにも違いすぎて、彼の生き方や考え方に対しては、
 理解しづらい部分がたくさんあるなぁ。。。
 ということでした。。。


 特に、現代社会に生きる女性には。。。
 そう感じる部分。。。多いのではないかなぁ。。。と。。。


 ブッダは。。。
 当時のインドに生きた、男性。。。だものね。。。


 仏教を勉強しはじめた西洋人のほどんどは、最初、「仏教は暗い。。。」
 ・・・という印象を受けるのだそうです。。。
 それは、仏教が「この世は苦しみ」だと説いているところによる
 ものが大きいらしいのですが、暗いと感じるのも確かに。。。
 解らなくもないです。。。(苦笑)

 私も。。。
 この世は苦しみ。。。とは捉えたくないから。。。

 けれど。。。
 ブッダがなぜ「この世は苦しみ」と言ったのかも、
 なんとなく解るのです。。。

 だから、その部分で、簡単に仏教を「悲観主義」の宗教だとか。。。
 そういう風に限定したくはないなぁ。。。と思っています。。。
 


 ブッダはきっと、見た人だ。。。と。。。
 そう感じています。。。
 そして、そういうものを見た人が、それを人に伝えていこうとする時。。。
 それは、本当は言葉では伝えられないものだから、いろいろと
 方便を使うのだろうと思うけど。。。
 そういったところに、それを説く人の「個性」のようなものが
 現われるのだろうと思います。。。

 仏教から漂ってくるものは。。。
 ブッダの個性なのかもしれませんね。。。

 そして彼のその個性には。。。
 やはり、彼の生きた時代背景なども、とても影響しているのでしょう。。。


 私は。。。
 今の時点では。。。ですが、やはり、ブッダの生き方や考え方。。。
 そして教え方も。。。
 そういったもの全てに同意することは、きっと出来ないと思います。。。

 だから、信者にはならない。。。

 でも。。。
 「ひとりの人としてのブッダ」のことを、ちゃんと理解したい。。。
 という気持ちが、なぜかとても強いようです。。。


 こういうのは。。。
 イエスにはあんまり感じなかったなぁ。。。と、今思っていて。。。

 だからもしかすると私は。。。
 過去生の中で、ブッダを理解したくても理解しきれなかった
 体験でもあったのかしら??
 ・・・なんてね。。。
 ついつい思ってしまいました。。。

 もう少し。。。
 深く探っていこうかなぁ。。。なんて思います。。。



 もうひとつ。。。
 収穫。。。というか、知って嬉しかったことがありました。。。

 私の好きな、ブッダのあの言葉。。。
 読んでいるといつも。。。グッとこみ上げてきて泣いてしまう
 あの言葉。。。


 「アーナンダよ、この世は美しい。。。」


 ・・・に出てくる「アーナンダ」って、一体誰????。。。と。。。
 今まで、そんな初歩的なことも知らなかった私ですが。。。^^;
 そのアーナンダのことも、いろいろ載っていました。。。

 
 そしてそれを読んで。。。

 「私。。。この人、好きかも。。。」

 ・・・と思いました。。。

 きっと、アーナンダは。。。女性に受けがいいのでは?
 なんて思います。。。


 いつかの仏舎利展では。。。
 彼の仏舎利も見ているのですよねぇ。。。


 このアーナンダさんについては、また今度書きたいと思います。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。