スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇現象から その2

 26,2009 12:04
 さっきの続きです。。。

 みんなで盛り上がっている時に、テンションを下げさせてしまう母。。。
 
 母は絶対に悪い人ではないし、悪意を持ってやっているわけでは
 ないことも、とても解っている。。。


 それなのに。。。
 気分が悪くなってしまうのは何でだろう??


 私は。。。
 長い間ずっとそれは、「母を受け入れきれない私の器が小さいから。」と。。。
 もっともっと自分を成長させなくちゃ。。。
 ・・・ということで自分を納得させようとしてきたけど、最近やっと、
 その「枷」が外れてきたのです。。。

 「囚人」という「枷」です。。。



 仏舎利展で頂いたパンフレットに、こんな話が載っていました。。。


 ある日、アーナンダは村近くの井戸を通りかかり、そこにいた
 パティカという娘に水を所望した。
 するとパティカは。。。

 「お坊様、私はあなた様にお水を差し上げられるような身分
  ではありません。私に所望なさいますな。
  あなた様が穢れてしまいます。低いカーストのものですから。」

 と答えた。
 アーナンダが、

 「カーストを尋ねたのではない、水を所望したのだ。」

 と言うと、パティカの胸は喜びに満たされ、アーナンダに水を
 差し出した。
 アーナンダが釈迦の弟子だと聞いて、彼女は釈迦に。。。

 「尊者、アーナンダと同じところに住まわせてください。
  彼の姿を見、お役に立てるように。
  彼が好きです。」

 と願い出ると、釈迦は彼女の心情を察して。。。

 「パティカ、今あなたの心は愛に満ちている。
  しかし、自分の感情は理解していない。あなたが好きなのは
  アーナンダではない。彼の優しい心だ。
  彼があなたに優しくしたように、あなたも他の人に優しく
  振舞いなさい。」




 私は母の中に、「他のものを受け入れない頑なさ」。。。を
 見ています。。。

 その「頑なさ」が、私の気分を悪くさせる。。。

 だから私は。。。
 そう振舞わないようにすればいい。。。


 それだけなのかもしれません。。。


 母は、そういう「頑なさ」は、父と私にしか見せません。。。
 遠くから冷静に眺めている子供達や、あと主人には、間接的に
 そういう部分が見えていますが、その他の人には。。。
 母は、そういう面をきっと見せることはないでしょう。。。

 私も同じです。。。
 母に対してしかとらない態度とかありますから。。。


 そういう約束なんですね。。。私達はきっと。。。


 昨日の一連の出来事がキッカケで。。。
 私はこんなことも考えたのでした。。。


 父は。。。
 母は。。。
 そして主人や子供達は。。。


 どんな発見があったのかなぁ。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。