スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エセル

 30,2009 12:34
 まだまだ入り口にしか立っていない私ですが。。。

 仏教を知れば知るほど、とっても面白い。。。と感じるので、
 少し心を鎮めてルーンに尋ねてみました。。。


 「私にとって仏教とは、どういう意味を持つものなのですか?」


 そこで出たのは、「エセル」というルーン。。。


 エセル。。。


 苦笑いと共に、とても納得です。。。
 実は、私の深いところでは、とっくに解っていたことだから。。。

 それをルーンはただ、「目に見える形」で現してくれたように
 感じました。。。
 「太鼓判」を押してもらったわけです。。。(笑)


 「エセル」というルーンには、「家」や「先祖」、または「家宝」とか
 「先祖代々」などの意味があるのですが。。。

 「家に戻る」

 ・・・というような解釈をすることもあるのでした。。。



 仏教の中に出てくる「無知」や「煩悩」などという言葉。。。

 よくよく読んでみると、こういった言葉は、世間一般で使われている
 「無知」や「煩悩」とは少し意味が違うのだなぁ。。。ということが
 とてもよく解りました。。。

 おそらく、時と共にその意味が変化していったのでしょうね。。。

 なので。。。
 そういった言葉を世間一般で捉えられているような意味のままで
 受けとると、教えの内容を根本から誤解するのだ。。。ということも
 よく解りました。。。

 
 少し調べてみたら、サンスクリット語で「moha」というのは、
 「馬鹿」を意味するそうなのですが、これは仏典の中に出てくる
 「moha」。。。
 これに由来しているのだそうです。。。

 そして、仏典の中でこの「moha」が「無知」のこと。。。
 
 興味深いことは、古代インド語ではこの「moha」には「無知」のほかに、
 「愚行」「混乱」「意識不明」などの意味もあるそうです。。。

 古代インドではきっと、この「moha」という言葉は、現在の
 「馬鹿」とは、少し違う意味で使われていたのでしょうね。。。

 
 なんだか、なるほど。。。という感じです。。。


 「言葉」も含め。。。
 様々なことを、人は、その人の「フィルター」を通してしか
 見ることが出来ない。。。


 その人のレベルで理解していく。。。


 人間装置とは。。。
 そういう風に出来ているのだなぁ。。。と、しみじみ感じる。。。

 
 それによって、この世が多種多様になっていくようにと。。。
 「もとの私」がそう願ったからなのだろうなぁ。。。と。。。
 そんな風に思う。。。


 ブッダという人をもっとよく理解したい。。。
 「彼」のことを、もっと知りたい。。。


 心からそう願います。。。


 「彼」を理解することは。。。

 「宇宙」を理解することに繋がっていく。。。


 そう実感してしまったから。。。 


 20090830155117c60.jpg

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。