スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自責の念

 04,2009 13:49
 ダライ・ラマの本を読んでいたら、また嬉しくなってきた。。。


 主人のお父さんは今はもう引退していますが、昔は職人さんでした。。。
 本当に、「昔の頑固一徹職人!!!」って感じで。。。(笑)
 自分の創るものに対しては、一切の妥協は許さないぞ。。。という
 感じでした。。。

 そういう意味では、私も頑固職人気質だなぁ。。。と、自分自身で
 感じている部分があります。。。


 例えば創る。。。ということに関しては、私は主婦なので、
 お料理。。。

 お砂糖はどこの何でないとダメ。。。とか、フライパンは
 この角度でこの重さでないとダメ。。。とか。。。

 もしたまたま、そのお砂糖が手に入らなければ、他ので
 我慢。。。というのが、あまり出来ないタイプ。。。
 妥協するくらいだったら、使わない。。。くらいな。。。(笑)

 子供達の離乳食にまでだいぶこだわり。。。
 あの頃は、一日中キッチンに立ってました。。。


 ガーデニングのお花についてもそうでした。。。

 まず、頭の中にイメージが浮かぶのだけど、それとぴったり
 あう形、色。。。
 そういうお花を探すのが好きで、それを見つけるまでは
 諦めないとか。。。 
 同じ黄色だから、これでいっか。。。っていうのは、しなかった。。。

 インテリアにもだいぶこだわるほうで、これもやはりまずは
 頭の中にイメージが浮かんで、それにピッタリのものを
 探す旅をする。。。

 テーブルも形はもちろん、素材もこの木でないとダメ。。。とか、
 カーテンも、「ピンク」と一口でいっても、頭の中の「ピンク」と
 ぴったり同じ色を探すのは大変だし、生地もいろいろある。。。


 こんな私なので、買い物はひとりでするのが好きでした。。。
 お友達と行くと、気が散ってしまうのです。。。
 相手に気も遣っちゃうしね。。。

 ただし、主人や子供達は結構、遠慮なしに
 連れまわしたりしてしまいました^^;;
 
 いつもありがとうねぇ。。。ホントに。。。


 この家に住むようになってから。。。
 今では会社を引退した父も、主婦と化していますから、
 我が家には、「主婦の役」をする人が、3人もいるのです。。。

 お料理やガーデニング、インテリアについてもそうですが、
 ほとんど家事全般について。。。家のことについて。。。
 私は、ひとりで主婦をやっていた時のような「こだわり」を
 持てない状況になったのです。。。

 最初の頃は、そういったことでだいぶ苦労しましたが、
 そんなことでイライラしてるのが、そのうち馬鹿らしく
 なってきたのです。。。

 こうなってしまったらもう。。。
 私は途端にこだわるのをやめてしまうのです。。。
 途端にやる気がなくなる。。。

 あれだけこだわっていたカーテンも、今ではリビングのカーテンの、
 その柄さえハッキリ思い出せないくらい無頓着に。。。^^;

 「じいじとばあばの好きなのにすればぁ~~~」

 ・・・ってね。。。

 極端すぎる。。。と、主人によく言われますが。。。(苦笑)



 母は、仏教を学ぶようになってから私によく、こう
 言うようになりました。。。


 「あんたはいろんなものにこだわりすぎ。。。
  執着が強すぎる。。。」 


 子供にとって。。。
 親の言うことには、「絶対的」な響きがあります。。。

 私は母に、ずっとそういい続けられてきたので、自分の
 この「こだわる」という性格は、悪いものなのだと。。。
 どこかでそう思うようになってしまっていました。。。

 
 けど。。。
 そうじゃない。。。ということが、ダライ・ラマの本を
 読んで、よく解りました。。。


 この世を捨てすぎてもダメだけど。。。
 この世を全てだと思いすぎてもダメ。。。


 中庸でいなさい。。。と、彼は言います。。。


 これを読んだ時。。。
 ずっと私を苦しめていた、自責の念が消えました。。。

 仏教でいうところの「執着」を。。。
 きっと、母は誤解してる。。。

 そう思います。。。

 

 こだわれる時は。。。
 とことんこだわってもいいのだと思います。。。

 でも、こだわれなくなった時は、スッとそれを手放す。。。
 そこで手放さないと。。。苦しくなる。。。


 そういうことなのだと思います。。。
 

 そういうことに馴染んでいけば。。。
 死んだ時も、この小さな夢をスッと手放せるのかもしれないですね。。。


 死んでも。。。
 夢が終わるわけではない。。。

 大きな夢はまだ続くけど。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。