スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプニング

 21,2009 17:58
 シャマラン監督のこの映画を観ました。。。


 
ハプニング (特別編) [DVD]ハプニング (特別編) [DVD]
(2012/12/19)
マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル 他

商品詳細を見る



 ハプニングオフィシャルサイト


 以前、キアヌ・リーブスが主演していた「地球が静止する日」という
 映画を観ましたが、このハプニングという映画も「訴えたいこと」
 というのは、地球が静止する日と同じような感じなのかもなぁ。。。
 と、観ていて感じました。。。

 ・・・が。。。
 
 ハプニングの方が、よりスピリチュアル的には深いような
 気がしました。。。


 つい先日。。。
 実際に「ミツバチが減っている」というニュースを聞いていた
 だけあって。。。
 この映画はなんだか不気味です。。。
 そういったことが起こる前に、この映画は公開されて
 いたのですものね。。。


 アインシュタインが、「ハチが消えたら人類の寿命はあと4年」
 と言っていた。。。と出てきたので、気になって調べてみたら

 「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は
  生きられない。ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、
  そして植物がいなくなり、そして人間がいなくなる」

 ・・・というようなことを、彼は言っていたらしく。。。
 更に、いろいろ思うことありでした。。。


 少しだけネタバレ的なことを書いてしまいますが。。。
 キーポイントとして「植物」が出てきていました。。。

 それを観ながら、主人と。。。

 「やっぱり。。。もっと植物と仲良くならないとねぇ。。。」

 なんて話していました。。。


 植物。。。というのは、ひとつの象徴。。。
 本当は。。。存在する全てのものですよね。。。


 象徴。。。といえば、このお話の中で死んでいってしまう人達も。。。
 ひとりひとりが、人間の。。。無知や弱さの象徴のように
 私は感じました。。。


 愛への執着や怒り。。。
 「敵」を作り、それを「正義」の名のもとに攻撃しようとすること。。。
 度の過ぎる厳格さや疑い深さ。。。
 自分だけを守ろうとすること。。。

 
 無知とか弱さ。。。というものは、決して「悪」ではない。。。
 皆が自分の信念に基づいて、その時正しいと信じている
 ことをやっているだけなのに。。。

 でも、無知でいると。。。
 それゆえに悲劇が起きてしまうというのは。。。
 悲しいけど、事実なのかもしれません。。。


 昨日も書いた映画ですが。。。

 「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の映画の中で、幼い
 ダライ・ラマが宮殿内に映画館を建てたい。。。と、工事を
 始める事になるのですが、その工事はいっこうに進まない。。。

 その理由は、工事をする僧達が、土を掘り起こす度に出てくる
 ミミズを一匹一匹救っているからで。。。

 仏教を通して輪廻転生を心から信じている彼らは。。。

 「このミミズは、もしかすると前世では私の母だったかも
  しれないから。。。」

 ・・・ってね。。。


 輪廻が実際にあるとかないとかよりも。。。
 人に、こういう生き方をさせることが出来る教えというものは。。。
 やっぱり偉大ですね。。。


 全てのものに精霊が宿っていると考えるアニミズムでもいいし。。。
 信仰するものは何でもいい。。。
 信仰。。。と意識しながらでなくてもいいのだけど。。。


 存在しているもの全てを、心から慈しむ。。。
 人も動物も昆虫も植物も鉱物も。。。地球全部、宇宙全部を。。。

 自分以外のものの喜びを自分の喜びと感じ、自分以外のものの
 痛みを自分の痛みのように感じる「感覚」。。。


 これは。。。
 やっぱり、大事なことだと思います。。。


 その「感覚」を養っていくことは。。。
 とっても大事。。。


 この映画を観ながら、そんなことを考えました。。。


 そういった感覚を養っていく為に。。。
 そのレッスンとなるような出来事が、きっと。。。
 毎日のように私達に起きているはずだと思うのです。。。

 それはきっと。。。
 本当に些細なことだったりするのかもしれないけど。。。

 見逃さないようにしたいよね。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。