スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリス的な。。。

 26,2009 15:24
 昨日の先生の何気ないお話から。。。
 いろいろと思いめぐらせていました。。。


 私は子供の頃から本当に無意識に、無邪気に。。。
 人の一番触れられたくない痛いところ。。。
 下手をしたら、その本人さえも気づいていなかった
 ような部分を突いてしまう。。。なんてことがよくあって。。。

 だから、小さい頃はなぜ相手が怒りはじめるのかが
 理解できなくて混乱したりもしたのですが。。。
 いろいろと経験を重ねるうちに、自分のそういった
 長所なのだか短所なのだか解らない部分に気づく
 ようになり、いろいろと理解するようになりました。。。

 なので、大人になってからは、そういったことは
 極力言わないように気を遣うようになりましたが、
 時には覚悟した上で、あえて言う時もあってね。。。

 そういう時は大抵、人間関係が崩れますので。。。
 ここは。。。という時にしか言いませんけど。。。


 
 このブログは最初、「光のシェラザード」というタイトルでしたが、
 ある時から「リリス」に変更しました。。。

 リリス。。。って、少しダークなイメージがあったりしますが、
 私は好きなのです。。。

 瞑想している時に、リリス。。。と名乗る存在が出てくることが
 何度かありました。。。
 最近は少し、瞑想サボリ気味なので会ってませんが。。。

 あれが単なる妄想だったのかどうか。。。
 それはいまひとつよく解りませんが、
 でも本音を言えば。。。
 私はあの存在はリリスだったのだろうなぁ。。。と、
 実はどこかで信じていたりもするのです。。。


 リリスは、たとえばテレサさんの妖精バイブルの中では。。。


 何世紀ものあいだ、文化的に受け入れ難いことを
 体現してきたリリスは、魔物と考えられてきました。
 つまり、リリスは独立した女性だったのです。

 <中略>

 リリスは、一筋縄ではいきません。
 きちんと土をならして整えた花壇を掘り返し、その下に
 うごめく虫を白日のもとの晒すのが得意です。

 リリスのもたらす知識を最初は不快に思うかもしれませんが、
 それを知ることで人はより強くなれます。
 
 眠りに落ちる瞬間にリリスのささやきを聞いても、
 恐れてはいけません。
 その声に耳をすまし、敬意を払いましょう。

 そうすればリリスは、建設的な言葉をかけてくれ、
 独創性を授けてくれるでしょう。。。



 ・・・と書かれていたり、リリスのタリスマンを買ったお店の
 サイトでは。。。


 リリスの、自由や理想現実化のエネルギーを保有する。
 リリスの伝説的なシンボルは、女性の統一。
 フェミニスト文化はリリスを女性の平等、選択の自由、
 表現の自由の象徴に採用しました。
 そして、多くの神話では、伝説的な素晴らしい女性だと
 語られていましたが、性的な自由を持つことについては、
 リリスはダークサイドと言われていました。
 リリスはアダムの初の妻であったと言われています。
 そして、リリスは卑屈なパートナーであることを拒否しました。
 リリスはエデンの園から逃げて、デーモンと魔女として
 民間伝承が残ることとなりました。
 リリスは残念ながら、その自由さと奔放さが誰からも
 受け入れられるということはないのです。
 時として怖がられてしまいます。
 しかし予測できない行動と、誰もが考え付かない発想
 そして実現力は、彼女の一番の魅力です。



 なんて紹介されていてね。。。


 なんだか、本来の私というものは、こういうリリス的な部分が
 かなり強い人なのかもしれないなぁ。。。と、この頃とても思うのです。。。


 リリスのタリスマンを身につけるようになったせいなのか。。。(苦笑)
 自分の中のこういった部分が、どんどん活性化されていく
 ような気がしてなりません。。。

 流れも。。。
 それを促すのです。。。

 ・・・というのは、最近、両親との間があまりよくないのですけれど。。。
 こうした出来事が起こるたびに、私の中のリリス的な部分が
 どんどん強くなっていくのを感じてしまうのです。。。

 自分の思いとは裏腹に、なんかこれって辛いなぁ。。。と
 感じてしまう場面が毎日のように起きて。。。
 

 あぁ。。。
 私は修道女とか仏教のお坊さんみたいなのがいいのに~~
 。。。って思っているはずなのに。。。(苦笑)
 流れが、どんどん理想とは違う方へひっぱっていくような。。。

 そんな気がして。。。


 一見、自分の思いとは違う方向に流れているように
 見えるこの流れも。。。
 あとになって、「やっぱりよかったんだ。。。」と気づく日が
 必ず来ることだけは解ってる。。。
 だから、これが、私の魂の望むことだったのならば。。。
 仕方ないね。。。
 このまま、流されていこうと思ってるけど。。。



 昨日。。。
 「木星」のお話が出ました。。。

 木星というのは、幸運の星。。。と言われていて、なので
 木星が入っている星座の人は、その年はハッピーな年に
 なる。。。なんて言われていますよね。。。

 私の場合。。。
 木星が射手座に入っていた時、全然ハッピーでは
 ありませんでしたが。。。(苦笑)

 でも、昨日の先生のお話を聞いてなるほど。。。と思いました。。。


 今日、法廷が開かれる酒井法子さんは、水瓶座なのだ
 そうですが、今年。。。木星は水瓶座にいるんだそうですよ。。。

 ホリエモンが逮捕された時、木星は乙女座にいたそうですが、
 ホリエモンは乙女座なんだそうです。。。


 木星がもたらす幸せには。。。そういう意味の幸せも、
 あったのか。。。と思ったら、射手座の木星の時に経験していた
 自分の体験も納得だったのでした。。。


 だから今も。。。
 この流れをそのまま受け入れて。。。
 感謝して流されていこう~~。。。ってね。。。


 そう思うのでした。。。


 半分は本音。。。
 そして、半分は自分に言い聞かせながら。。。(苦笑)

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。