スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ講演 仏教と科学の共鳴

 01,2009 18:47
 今日もまたまた、両国国技館に足を運んで参りました^^

 今日は、ダライ・ラマと科学者の方々との対話。。。
 
 「仏教と科学の共鳴」

 ・・・というタイトルから、私は勝手に「量子物理学関係」の
 お話になると思い込んでいました。。。
 でも実際は、そこまで踏み込んだ内容にはなりませんでした。。。

 いろいろ思うこと、たくさんありましたが、まだ噛み砕いて
 書けるほど、思いがまとまっていないので。。。
 今回の2日間のことについては、これからゆっくり
 いろいろと考えて。。。
 まとまったものからここに書き記しておきたいな。。。
 なんて。。。

 今はそんな気分です。。。 


 仏教は。。。
 もし分けるとしたら、「仏教科学」「仏教哲学」。。。
 そして「宗教」に分けることが出来ると思うのだけど、
 「宗教」の部分に関しては、科学で説明することは
 出来ません。。。
 けれど、「仏教科学」の部分は、現代科学と共に
 深めていくことが出来る可能性が大いにある。。。

 
 ・・・と。。。
 そんな風に今日、ダライ・ラマはおっしゃってました。。。
 そして。。。

 宇宙論、量子物理学、脳科学、心理学。。。

 こういった分野については今後、仏教と
 手を取り合って研究を深めていくことが出来るだろうと
 思っています。。。ともおっしゃっていました。。。

 現代の心理学は、仏教の立場から見ると
 「幼稚園児」くらい。。。っておっしゃっててね。。。

 ホント。。。人徳というか。。。
 こういうことをサラッと悪びれることもなく言えて、
 それでいてなんとなく周りに許してもらえてしまえる感じの。。。
 お茶目なダライ・ラマ法皇。。。

 好きです。。。(笑)


 「以前、ある西洋人の方に忠告されたことがあるのです。。。
  科学者に宗教の話をする時には、十分警戒した方が
  いいと言われましたが、それでも私は、仏教と科学は
  手を取り合えると思っているのですよ。。。」


 ・・・と。。。
 科学者の人達の前でこういう言いまわしを
 されるダライ・ラマ法皇。。。

 こういった方が、現代の心理学は幼稚園児並。。。
 なんておっしゃられるのも。。。
 なんとなく、納得のような気がしないでもないよなぁ。。。
 なんて思ったりもしてしまいました。。。

 だからこそ、彼の本を読んで私は。。。
 仏教にも興味がわいてしまったりしたわけですが。。。


 今日のお話の中で、私の心に一番響いたのは。。。
 「仏教と科学」についてのこととは、ちょっと違うことでした。。。

 それは、ダライ・ラマのこんな言葉です。。。


 「これからの時代に一番大切なのは、思いやりや
  優しさの心を持って生きる。。。ということです。。。
  何も宗教や信仰を持つ必要はありません。。。
  仏陀や神を敬うことでもありません。。。」


 ・・・と。。。
 このお話を聞きながら。。。

 「あぁ。。。
  ダライ・ラマもジェームズと同じことを言ってるなぁ。。。」

 なんて思っていました。。。


 ジェームズの説くハートの美徳の実践。。。


 感謝・寛容・謙虚・理解・勇気・同情。。。
 それを体現しながら生きていくこと。。。


 宗教の時代は終わった。。。と言っていたジェームズ。。。


 ダライ・ラマは。。。
 彼が本当に伝えたいことは、仏教の教えの内容ではなく。。。
 愛と思いやり。。。優しい心を持って生きていくことの
 大切さだと。。。

 そうおっしゃっていました。。。



 私が惹かれる人たちは。。。
 みんな同じことを言う。。。




 「母が子供を慈しむ。。。という心は、生物には。。。
  動物や虫にも、基本的に備わっているものです。。。
  私達はその心を子供の頃はちゃんと覚えているのですが、
  大人になるにつれて、いろいろなことを学ぶにつれて
  忘れていってしまったりします。。。」


 ・・・とダライ・ラマがおっしゃっているのを聞いていた時。。。
 なんとも言えない気持ちになりました。。。

 ダライ・ラマのおっしゃりたいことが、痛いほど解ります。。。
 またまた涙が溢れそうになりました。。。



 疲れると。。。
 人に優しくすることを諦めてしまいそうになったりします。。。
 でも、もしそうなったとしても、一休みしたらまた、
 その目的に向かって歩き続けよう。。。

 「人に。。。
  そして全てに対して、心から優しく出来る人になりたい。。。」

 その思いをずっと忘れずに。。。
 ずっと努力し続けよう。。。と。。。
 
 そんな前向きな気持ちにさせていただきました。。。


 もし、この先くじけそうになった時は。。。
 私は、今日のことを思い出そうと思います。。。



 お忙しいスケジュールで世界を飛びまわって
 メッセージを送り続けていらっしゃるダライ・ラマ法皇。。。

 彼の言葉が琴線に響いて。。。
 今日の私と同じように前向きになれる人は、きっとたくさん
 いるはずで。。。 

 だからやっぱり。。。
 ダライ・ラマ法皇のやっていらっしゃることは。。。
 菩薩の道なんだ。。。と。。。

 本当に。。。そんな風に感じました。。。


 これからしばらく。。。
 この2日間の貴重な体験のことについて。。。
 思いを巡らしてみようと思っています。。。


 そうそう。。。

 ダライ・ラマは講演の最初の頃に、袋から赤い、
 サンバイザーのような帽子を取り出してかぶって
 いらっしゃったのですが。。。

 なんだか。。。
 まるで野球帽をかぶってるみたいでね。。。

 ますます野村監督に見えてしまいましたよ~~^^;;;

 笑いをこらえるのが大変でした。。。(笑)


 こんな風にいうのは、とても失礼だと思いつつも。。。

 ダライ・ラマ法皇って。。。
 とってもお茶目で。。。可愛らしくて。。。面白くて。。。(笑)


 けれどその内側には。。。
 やっぱり。。。菩薩様を感じてしまうのでした。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。