スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユング「赤の書」

 15,2009 16:30
 来年の3月に、いよいよこの本が出るそうですね。


 
赤の書 ―The“Red Book”赤の書 ―The“Red Book”
(2010/06/26)
C・G・ユング

商品詳細を見る



 秋頃に鏡リュウジさんが、この「赤の書」解禁のお話を
 されていて、「わぁ。。。読みたい。。。」と思って
 いたのですが、とうとう翻訳されたみたいです。。。


 でも。。。


 なんですかぁ~~?このお値段~~(涙)

 ちょっと手が出せないかも。。。(大泣)



 心理学は恐いもの。。。というイメージが、私の
 どこかにありました。。。

 ・・・というのは、学生時代、とっても明るくて
 いい子だったクラスメートが、心理学にのめり込んで
 鬱状態になってしまったのを、間近で見たから。。。

 まだ10代の頃では、衝撃が大きかったのでしょうか。。。

 その子は、人間不信になっちゃったりしてました。。。 


 だから未だに、フロイトやユングの本はきちんと
 読んだことないのですが。。。
 特にユングは、彼の思想というよりは、「その人となり」。。。
 ・・・というものにとても興味があるのです。。。

 ユングの自伝は立ち読みで何度か読みましたが、
 でもやっぱり、この「赤の書」。。。 

 ものすごく読んでみたいです。。。


 「今」。。。という時期に解禁になったことも。。。
 とても興味深いです。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。