スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改革者

 23,2010 17:13
 芸術。。。

 ・・・というのは、表現すること。。。だと思うのですが、
 例えば、天の響き、あるいは宇宙のある種のエネルギーの
 ようなものがあったとすると、それを深いところで
 感じとった芸術家たちは、音楽家だったら音楽で、
 画家だったら絵で。。。
 そしてダンサーだったら踊りでそれを表現するものだと
 私は感じているのです。。。


 そういったエネルギーの電波塔のようになっている
 芸術家の作品に触れた時。。。
 こちらの受信機の感度が高ければ高いほど、
 天の響きそのものが、ダイレクトに伝わってくるのだなぁ。。。
 と思ったりします。。。


 ゴッホの絵は、彼が生きている時にはほとんど
 売れなかったのだそうです。。。
 それでも彼は、自分の描きたいものを描き続けた。。。

 そして彼は、周りの画家達と意見が衝突することも
 しばしばあったようだし、弟のテオに、いろいろと
 生活面で迷惑をかけたりもしたようなのだけど、
 それは彼が、「妥協」をしなかったから。。。
 みたいなのですよね。。。

 チャイコフスキーの3大バレエも、彼の生前は
 評判が悪くて、さんざんだったようで。。。
 「もうバレエ曲なんて二度とやらない。」
 と、チャイコフスキーは思ったのだとか。。。

 ちょっと話は違うけど、ソクラテスは、それまで
 伝統を信じて疑っていなかった人達に疑問を呈して。。。
 そして、アテネの青年達を堕落させた。。。という
 ことで、処刑されてしまったのだそうです。。。

 でも結局。。。
 ゴッホもチャイコフスキーのバレエも、そして
 ソクラテスも。。。

 後の世では、大いに讃美されることになった。。。

 改革者。。。というのは、いろいろ大変ね。。。



 そんな話を思うたび。。。

 「自分の感度。。。
  よくしておかなきゃなぁ。。。」

 ・・・なんて思ったりするのでした。。。




 イサドラ・ダンカンも、そんな芸術家の
 1人だったと感じています。。。

 彼女は音楽の中から感じたものを、ダンスで
 表現したのだけど。。。
 「それ」は。。。
 シューベルトとかショパン達が電波塔になって
 天から受信したものを音楽に込めた。。。
 それそのものなのです。。。

 そして。。。
 彼女も改革者のひとりだったとは思うのだけど、
 彼女の場合は、時代の波にうまく乗って生前に
 成功した、ラッキーな人だったな。。。
 って思います。。。

 そのダンカンのダンスは今でも継承されていて
 踊り続けられていますが、ダンカンの魂そのものまでもを
 継承していくということは、とても難しいことだと思います。。。
 これも、誰にでも出来ることではないと思うのです。。。

 だからその副産物として、いろいろとめんどくさい
 ことも出てきてしまうわけですが。。。(苦笑)

 でもね、私にダンカン・ダンスを教えてくださった先生は。。。
 さすが。。。純粋な継承者だな。。。という、
 見事な踊りを見せてくださいました。。。

 本当に、素晴らしかったのでした。。。


 いろんな人の生き方を見て、自分のことを
 ふと見つめてみたとき。。。
 私は一体、何がしたいのかな?なんて考えたりすると。。。

 この頃それが、少し解ってきたかな。。。

 なんてね。。。


 それには、ベリーダンスとの出会いがとても
 大きかったと思うのだけれど。。。でもね。。。 
 こんな単純なことが解るまでも。。。
 随分と時間がかかったような気がします。。。(苦笑)

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。