スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星の力の使い方

 18,2010 00:20
 娘の受験も無事済みましたので、
 先日、家族で久々に映画館に行ってきました。。。

 観てきたのは、「アバター」。。。

 あの青い人達、星の風景、雰囲気。。。
 
 どこかで観たことあるなぁ。。。みたいな感じがしたのですが、
 考えてみたら、ああいった感じのものは
 ゲームやアニメの世界でよく見ますね。。。

 ああいった印象というのは、人間の奥底にある何か。。。
 神話的なものと関係していたりしそうだな。。。と。。。

 そんな気がします。。。

 たしか、カエサルのガリア戦記だったと思うのですが、

 「ケルトの戦士達はとても大柄で、
  身体を青く塗っていて不気味。。。」

 みたいなことが書かれていてね、。。。
 それがあのパンドラ星の人達と、少しかぶりました。。。

 ケルトの人達には、まだ「星の記憶」が残っていたのかな?

 それと、パンドラの人達の身につけていたアクセサリー。。。
 あれがとても可愛くて素敵でした^^


 あの映画。。。
 3D映像は迫力がありましたが、物語自体は、
 私的にはあまりパッとしませんでした。。。

 相変わらずのよくあるパターン。。。

 「正義のために戦う!」

 ・・・という。。。

 誰の中にもある「火星」の力。。。
 それを、なんで人は、いつまでもこういう風にしか
 使えないのだろう。。。

 そうしないと、物語は動かせないの??

 ・・・って。。。

 そんなことをブツブツ言ってたら、息子に。。。

 「あのさ、映画ぐらい素直に観ようよ。。。」

 なんて、言われてしまいました(笑)


 昨日はオリンピックの男子フィギアを、
 うっとりと観ていたのですが、成功した人と
 失敗した人の明暗が見事に分かれてしまうのが、
 見ていてなんだか辛かったです。。。

 日本の選手がよい成績を残してくれることは
 もちろん嬉しいのだけれど、ジャンプに失敗して
 ガクッとなって落ち込む選手を観ていると、
 たとえそれが外国の選手だったとしても。。。

 「みんなこの日までに同じように頑張ってきたのにね。。。」

 ・・・と、とっても複雑な気持ちになってしまいます。。。


 まぁ、それが「競技」なのだから仕方ない。。。
 と言われたら、それまでだけどね。。。
 な~んか、割り切れないの。。。(苦笑)

 疲れる性格です。。。


 だから私はやっぱり、スポーツより。。。
 自分の世界に没頭できる、芸術の方が
 好きだなぁ。。。

 自分の火星は、自分で火をつけたいの。。。


 相手がいなければ。。。
 例えば人と競争したりとかね。。。
 そんな風にしないと自分の火星に
 火をつけられないというのは。。。
 やっぱりそういうのって、未熟だなぁ。。。ってね。。。

 私は。。。
 そんな風に思ってしまう人。。。

 そういう風に世界を眺めている人。。。


 もちろんこれも、人それぞれだと。。。
 そう思ってるけどね。。。


 ・・・と。。。
 こんな偉そうなこと書いたりしている私が。。。
 実は、まだまだなのだけど(笑)

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。