スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚座について思うこと 3

 24,2010 00:45
 私のホロスコープを見てみると、魚座には星が
 あまりないのですが、ちょっと面白いところに
 魚座を持っていてね。。。

 それは、「リリト」です。。。

 リリトとは。。。
 本からの抜粋です。。。


 バビロニアに占星術が生まれた頃の遠い昔から、占星術師たちの
 間では、天空に輝く月のほかに、目に見えない第2の月があると
 信じられてきました。

 それが幻の月「リリト」です。

 占星術では、月は心の象徴とされますが、目に見えない幻の月
 「リリト」は、ふだん、私達が意識していないもうひとつの
 意識、つまり心の奥底に眠ったままで、しかもあなたの心に
 影響を与えている、前世での生涯の記憶を象徴していると
 考えられているのです。
 「リリト」を知ることで、もうひとりのあなたに出会ってみて
 ください。

 ~正統西洋占星術大全より~



 リリトとはつまり、「Lilith」のことですが、占星術上では
 「リリス」はもうすでに使われていて、それは月の軌道が
 地球からもっとも遠ざかる遠地点で表され、それが抑圧された
 願望のうちでも特に、セックス、情欲といったものに関係した
 部分を調べることが出来るもの。。。とされているようです。。。

 なので、前世にかかわるほうの「Lilith」はそちらのリリスと
 区別するために、「リリト」と表記した。。。と、
 秋月さやかさんが書かれていました。。。
 そしてこの「リリト占星術」というものは、かなりマイナー
 みたいなのですよね。。。^^;

 私はまだまだ素人なので、このリリトをどうやって
 割り出すのかはよく解らないのですが、とにかく、
 表を見てみると、私のリリトは、魚座になるようなのでした。。。


 さて。。。
 魚座のリリトを持つ人は、どんな前世を持つ人か。。。というと、
 本によると、こうです。。。


 魚座のリリト、それはあなたが前世で不自由な人生、束縛された
 生涯を送り、その心の中にはもっと人生を楽しく過ごしたかった。。。
 という無念の思いが残されていることを意味します。

 もしかしたら生まれながらに病弱で、そのため外の世界に強い
 憧れを抱いていたのかも。

 あるいは家を継ぐために将来の夢をあきらめ、その思いをずっと
 持ち続けていたのかもしれません。
 また、神にその身を捧げながら、一方では俗世界への執着を
 断ち切れずにその生涯を終えた人もいることでしょう。。。

 そのため、現世でのあなたの心の中には今度こそ人生を
 思いきり楽しみたい、という強い願いが隠されています。
 


 ・・・と、これを初めて読んだとき、私は思わずゾッとして
 しまいました。。。(苦笑)


 前世体験CDで観た物語は3つある。。。と以前書きましたが、
 その3つには共通したテーマがあったように、私は
 感じていたのです。。。

 それは。。。

 「本当は自分はこうしたかった。。。
  それは、本当はやりたくなかった。。。
  けれど、周りのことを考えて我慢して。。。
  そして周りの言うとおりにした。。。
  それが、自分の使命だと思っていたし、
  それが自分の喜びでもあった。。。」

 そんな感じ。。。

 言われてみれば、なんとなく、魚座っぽいよね。。。(苦笑)


 前世というものがあると仮定したとき。。。
 それがたった3つだったということは、ありえないと
 思うのです。。。

 それなのに、今生で私が見た物語がその3つだったということは、
 それらが今の私の人生に、かなり深い影響を与えている。。。
 今の私に必要な記憶だからだと。。。私は思うのですね。。。

 それが、魚座のエネルギー。。。

 前世。。。という言葉を使わないとしたら、それはきっと。。。
 今の私の深層心理。。。というか、深い深いところに
 眠っているエネルギーです。。。きっと。。。


 振り返ってみればね、私は今まで。。。
 重要な決断をしなくてはいけないところに限って、
 周りの意見を聞いてしまう。。。という傾向があって。。。

 普段は人の言うこと聞かないくせにね。。。(苦笑)
 ここ一番。。。という時に限ってなぜか、そうして
 しまって。。。
 そしてそれが後悔となって残るのです。。。

 解りやすいひとつの例は。。。結婚式。。。

 私はウェディングドレスを着て、チャペルでやりたかったの。。。
 それが、子供の頃からの夢でした。。。
 でもね、あの時、私はなぜか主人の両親の気持ちを考えてしまって、
 主人の家の薦める式場で、白無垢で神前式でいいよ。。。と、
 自ら言ってしまったの。。。
 その方が、あちらの両親が喜ぶだろうと。。。
 そう思ってしまったのです。。。

 女性にとって、自分の結婚式ってかなり重要だと
 思うのだけれど、なんだか、主張出来なかったんだよね。。。


 もし「今の私」の太陽とか月が魚座だったとしたら、
 きっと「ま、いっか」。。。と、心から思えたのだと思います。。。

 でも、今の私は魚座ではない。。。(苦笑)

 だからね、そんな些細なことがずっと後悔となって
 残ってしまうのでした。。。
 なんであそこで自分を貫かなかったんだろう。。。ってね。。。

 それを「人のせい」にしていたら、私はきっと、
 もっと悲惨な思いで過ごさなければいけなかっただろうけれど、
 どうやらそのあたりはもう、クリアしているみたい。。。


 こんな感じで。。。
 前世からの「癖」が、たまに今もチラチラと出てしまう
 ようなのだけれど、でも今もまたそれに引きづられて、
 今回もそこを変えずにいたら、今生、なんのために
 射手座に生まれてきたのか。。。
 ・・・ってね。。。

 この頃、そんな風に思うのでした。。。


 あの前世CDの中で見た自分。。。
 その時の感情、感覚。。。

 そういったものを感じてみると。。。
 魚座の人の感覚が、少しは実感として理解出来るのかな??

 なんて思ったりしたのでした。。。

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。